読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むめし

口で咀嚼するたけでは足りず、観念でも食べ物を愛でようとする人間

コンビニのチキンいろいろ食べてみた

クリスマスイブの夜にこんばんは。

 
本日は季節にちなんで、コンビニのチキンを食べた感想を書きます。
 
骨付き揚げ鶏・ハーブ&スパイス

 

https://www.instagram.com/p/_qlVwVGJFb/

骨付きのドラムチキン(脚の部分で棍棒みたいな形のやつ)。
柔らかく、複数のハーブスパイスの風味が香ります。あまり濃くない味付けで素材の風味を楽しめました。
骨付きですが可食部が多く、一本で満足できます。
お肉がしっとりしていて、赤身肉に飽きることもなく、皮の脂に辟易することもなくバランスよく食べられました。
(セブンの骨付き揚げ鶏ページ↓)
 
◼️ローソン
新 黄金チキン スパイス香るもも

 

https://www.instagram.com/p/_qlXSUmJFe/

こちらは骨なしです。フライドクリスピーチキンという感じ。ジャンクな味わいですが、しっとりと重量感があります。
赤身と皮の脂、そして揚げ衣のバランスが良く、衣に濃いめのスパイシーな味が付いています。
骨が無いので安心して食べることができ、安定感を保った幸せを感じます。
意地悪く言ってしまうと、肉そのものではなく衣によって味を作り込もうとしている感はあります。
(ローソン 新 黄金チキンのページ↓)
 
 

 

https://www.instagram.com/p/_qlYeFmJFg/

サイとは腰の部分の肉です。ファミマでは、モモ肉と腰肉の両方の骨付き揚げ鶏肉を売っていました。
ケンタッキーに近いような味わいです。シーズニングの働きが大きいかな?セブンやローソンに比べると少し肉がパサついているようです。そのパサつきもケンタッキーに近いかもしれません。衣にアメリカンな風味を垣間見ることができます。
(ファミマ プレミアムチキン サイのページ↓)
 
 
ちなみにケンタッキーでも棍棒みたいなモモ肉と、アバラみたいな骨が付いたフライドチキンがあるなあと思っていたら、モモ肉以外はもっと細かい部位の種類があったのですね。

 
今回、各コンビニの似たようなチキンを買って食べ比べをしてもよかったのですが、同じような肉を複数食べると飽きると思い別の種類を買いました。
 
それにしても、改めて買い求めようとしたら、チキンだけでも豊富なラインナップに驚きました。
骨付き/骨なし、揚げてる/焼いてる、小さい/大きい、スパイシー/ノーマルなどなど、毎日パーティができることに気付いてしまいました。