読むめし

口で咀嚼するたけでは足りず、観念でも食べ物を愛でようとする人間

不二家のケーキ

なんかこう、めでたいことがあればケーキを食べるかもしれないが、ガチでめでたかったら不二家ではない。正直そんな気持ちはあります。

 

不二家の創業はずいぶん昔で1910年、明治43年です。Wikipediaより。

そこで日本初のクリスマスケーキを販売したのですね。

1922年にいわゆるショートケーキを販売し、そのクリスマスケーキのイメージが現代まで続いているのは驚きです。

そりゃもう当時は売れたことでしょう。

 

しかし時代を経ると他の個性を持ったケーキ屋さんも出てくる訳で、日本中に広まり大衆的なイメージがついたケーキは逆に不利な側面も出てきたと考えられます。

 

2008年に山崎製パンの子会社になったのですね。

 

そんな中、2021年3月の今、イオングループの小型店舗「まいばすけっと」で不二家のケーキを見つけました。

198円(税別)です。

なるほどこれは、特にめでたいこともないけどケーキを食べたい欲をお手軽に満たす需要をとらえてきたと。

f:id:baroclinic:20210321072738j:image

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、現在地店頭にある4種類をいただきましたので感想を書きます。

 

  • ティラミスケーキ

f:id:baroclinic:20210320092837j:image

 そういえばティラミスを別にイタリアで食べたことも有名店で食べたこともないけれど、私の知っているティラミスの味がしませんでした。私が知っているティラミスは、コーヒーがタプタプしてチーズの風味がありました。このティラミスにはコーヒーもチーズの風味もなく、もちろん湿り気もありません。輸送の都合からドライなタイプにしたとしても、風味のほうをもう少しなんとかできなかったのか。これではクリスマスのときにお子さまに用意するシャンメリーです。すなわち形だけそれっぽくしたということです。あ、クリスマスつながりの喩えをしちゃった。

 

  • チョコケーキ

f:id:baroclinic:20210320092906j:image

 とてもバナナが合います。一般的なチョコ味のスポンジケーキと一般的なチョコクリームの味です。濃厚ではなく、スーパーで売っている袋菓子の延長といったところです。フォークで食べるケーキの姿で現れたことに意義があります。特筆すべきはバナナがよく合ったことです。

 

  • ショートケーキ

f:id:baroclinic:20210321072554j:image

 勝手なイメージでクリームがミルキー風味であることを期待しましたが、そんなことはありませんでした。実に、昭和生まれの日本人の頭の中にあるショートケーキそのもの味でした。クリームが格別にクリーミーであることもなく、スポンジは普通のスポンジケーキで、結果として普通においしい。それが2021年の今、ケーキ屋の閉店時間を気にすることもなく(まいばすけっとは24時間営業までは行きませんが夜遅くまで開いています)、200円ぐらいで食卓に置けることに意義があります。クラシカルなケーキを日常でいただける現代の幸せを噛みしめるべきです。

 

  • ミルクレープ

f:id:baroclinic:20210320092931j:image

 これも勝手にミルキー風味のクリームを期待しましたが、そうではありませんでした。ただ、上記3種類に比べてクリームの占める割合が多いような気がして、クリームたっぷりのケーキ食べたい欲求には最も合致しました。リピートの可能性が最も高い一品です。

 

--

そういえば山崎製パンでも別の製品としてスーパーでケーキを売っていますね。しかし問題は、2個入りなことです。いくらケーキを食べたくても重複となると躊躇します(はい、1人で食べる前提です)。

ここに来て1個スタンドアロンなケーキ販売は実に嬉しいことです。

包装も工夫されていて、他の食品と一緒に袋に入れて横倒しになっても崩れません。


f:id:baroclinic:20210321072637j:image

 

欲を言えば、クリーム部分がミルキー風味にならないかなあ。

ポテチチーズ戦争か?食べてみた

気がついたらチーズ味のポテチを多く見かけるようになりましたので、食べたものを書いておきます。

 

食べた順に載せます。

 

f:id:baroclinic:20201206143404j:image
スモークの香りが強く、ギュギュっと濃くてアメリカンな感じです。あとからカマンベール的なふわっとした香りが追いかけてきました。塩辛さとペッパーも手伝い、ジャンクな気分を盛り上げます。

 

f:id:baroclinic:20201206143744j:image
パッケージからはとろけるチーズが付いていると思うがさにあらず。見た目はプレーンのポテチと同じでした。しかしそのスリムなチップには秘めた肉肉しさがありました。スモーキーなベーコン風味が全面に出て、カルボナーラはスモーキーなベーコンを包む緩衝の役割を果たしているのかもしれません。カルボナーラかどうかは置いておいて、実にジャンクな味でした。

 

  • Calbee ピザポテト クアトロチーズ味 (ハニーチーズフレーク)

f:id:baroclinic:20201206143953j:image
これまでのピザポテトの ジャンクな味とは一線を画し、スンッとお上品になっています。ピザソースがなく、チーズのみがポテトに乗って、それがほんのりハニー風味だからです。ハンバーガーを食べに来たら真鯛のソテーだった感じです。冷えた街を眺めながらストーブのある暖かい部屋で食べたい。

 

  • 湖池屋 チーズムーチョ フレッシュチーズ味

f:id:baroclinic:20201206144935j:image

ムーチョというほどのチーズ成分は感じられませんでした。むしろフレンチサラダもしくはフレンチビネガー味にチーズをサッとかけたもの近い。いやあれだ、もしかしてサワークリームオニオンじゃないですか。チーズムーチョの系列で他の味も出るのでしょうか?そのときはさらなるムーチョ(冗長)を期待します。

 

以上が今シーズンでこれまで捕獲したチーズ味のポテチとなります。

 

続報あり次第またお知らせする所存です。

西友のカレーを食べてみた 4 (ランキング発表)

ついに西友カレー「みなさまのお墨付き」シリーズの当面のラインナップをコンプリートし、ランキング発表の運びとなりました。


ではもう早速、第1位から行きましょう。

 

  • 第1位:ザグダールカレー

f:id:baroclinic:20201103144722j:image

f:id:baroclinic:20201108190031j:image
万人に優しい西友カレーの、中でも優しい一品がトップを獲得しました。
ポイントは、チーズ風味としっかり緑色のペーストです。
ひよこ豆も入り粘性が高く、野菜感+チーズ風味+クリーム風味が贅沢で食べ応えがあります。

そのままルウだけでも食べたい。

 

f:id:baroclinic:20201103144854j:image

万人に優しそうな西友カレーが、その殻を最も激しく突き破った一品です。
しっかり辛いです。舌が痺れます。
サクサク食感としてクワイが入っているのも高ポイントで、野菜と挽肉の粒感が際立ち、カレーのエスニックな側面が発揮されています。ピチピチのご飯に合います。

 

  • 第3位:チャナマサラカレー

f:id:baroclinic:20201103144927j:image

これも西友カレーの中ではエスニックに大きく振れたほう。トマトの酸味が実体とともに感じられ、さらにひよこ豆の固形食感と複数のスパイスの風味があり、そこそこの辛さがあります。チャナマサラという食べ物を知らなかったけれど、Wikipediaで調べた内容からのイメージと味が一致しました。フルーティーでスパイシーです。

 

f:id:baroclinic:20201103145032j:image

優しいほうのやつです。優しさを極めた一つの答えがここにありました。なるほど、これが支持率・人気第1位のようです(何かの調査)。

ココナツミルクのベースに柔らかいスパイスが乗っています。シンガポールで生まれたというマッサマンカレーエスニック料理に慣れない外国人をも魅了したことが伺える味です。ココナツが苦手な人以外なら支持するであろう味です。

 

  • 第5位:ポモドーロカレー

f:id:baroclinic:20201103145253j:image

ポモドーロとはトマト、ならばミートソースをご飯に合わせちゃう感じ?という懸念は払拭され、トマト風味とトマト固形分を大事にしつつご飯に合うカレーになっていました。ビーフの風味も効いて、これが洋風の味わいの決め手となっています。パスタソースとしても使えるという説明にも納得。ご飯とパスタと、もちろんパンにも合うことでしょう。


以上のベスト5は、リピートの可能性ありです。

西友カレー、不味いものは一つもありませんでした。
人からもらったら全部嬉しいよ。

ただ、150円(3つのスタンダードカレーは85円、残念ながら味でTop5入りならず)という価格から、ドラッグストアに売っている70~100円の市販のレトルトカレーに比べて美味しいかという観点で言わせていただくと、このようになります。


尚、このランキングおよび各記事にある感想は「カレーを食べるならスパイスに殴られ、ハーブに吹き飛ばされたい」人間が書いたものなので、別の人が評価したら真逆の結果になるかもしれません。

 

私の好み、あるいはカレーの美味しさというのは西友の「みなさまのお墨付き」の方向性とは相容れない部分もあるでしょう。


カレーの好みは大きく別れるものだと思いますので、好き勝手に語るぶんには楽しいですね。

どうやったら売れるかを考えることになると難しくなりますが、このシリーズのような多品種展開はその答えの一つなのでしょう。

 

ごちそうさまでした。

 

西友のカレーを食べてみた 3

西友カレー、コンプリートしました。

 

前回のブログから残り3種でした。
計画性というか見通しがなくてすみません。

今回は3種類のみのレビューとなります。次回で私的ランキングを発表いたします。

さあ行ってみよう。


・チャナキチンカレー (150円)


f:id:baroclinic:20201025140932j:image


f:id:baroclinic:20201025141011j:image

 意外にもしょっぱさが先に来ました。エビペーストというかアメリケーヌソースのような風味を感じるけれども、たぶん気のせいです。具材はチキンですが、固形分はほとんど確認できません。「チャナ」はひよこ豆ということですが、溶けているのでしょう、全体的に芋や豆っぽい舌ざわりはあります。酸味は無く、前に食べたチャナマサラと名前は似ていますがほぼ別物でした。クリーミーで芋豆っぽいもったりさがあってしょっぱい、独特の味ではあります。


・バターチキンクリーミーカレー (150円)


f:id:baroclinic:20201025141207j:image


f:id:baroclinic:20201025141229j:image

うーん甘やかでございます。皆さまに優しい西友のカレーがバターでクリーミーというのだからそりゃ甘いですよね。ちょっぴりトマトの酸味もあり、ウスターソースっぽい風味もあり、「洋食」という単語が浮かぶ味です。普通寄りではあるのですが、甘くクリーミーな個性は確認できます。ルウのとろみは普通タイプで、固形分は少しのチキンのみ。そういえば、バターチキンは元々インド料理だけど、これはもう完全に洋食の味です。


キーマカレー中辛 (150円)


f:id:baroclinic:20201025141345j:image


f:id:baroclinic:20201025141402j:image
 ついにラストです。良くも悪くも普通の無難なキーマカレーです。中辛ということで、パッケージにも書いてあるカルダモンでスパイスの存在を出していると思いますが、西友カレーシリーズでおなじみの風味となりました(実はカルダモンよく知らないけど、多分この、舌には刺激を与えず上方に揮発的に広がる風味だと思います)。固形分はひき肉と人参・玉ねぎのつぶつぶが認められます。辛口キーマのほうに入っていたクワイはこちらにはありません。普通に美味しいキーマカレーで、他の市販のレトルトカレーとの違いは、ルウの野菜の粒粒感が感じられることです。野菜を摂取しているのを感じられます。

--

 以上で完了です。
 ラストが「普通」ばかりで尻すぼみな印象となり、一発逆転とか急転直下の展開が無かったのが記事としては残念ですが、これが現実です。

 

 食べた順番は、なんとなく気になったものから順に4回ほど分けて購入し、その日の付け合せに合うものが最優先、その次は直近の食事の内容とかぶらないことを優先しました。

 

 感想の流れを概観すると、


なーんだ、カレーのタイトルはエスニックでも、味はだいぶ普通に寄せてるなー

その中では個性を出そうと健闘しているのもある

万人に受け入れられるという方向性の真ん中にあって、それを生かした味もある

 

という感じです。


あ、ここでまとめちゃった。
次回の総括編、どうするんだ。

えーと、次回ランキング、お楽しみに!

 

西友のカレーを食べてみた 2

西友のカレーを食べてみた第2弾でございます。

 

f:id:baroclinic:20201004172536j:image

f:id:baroclinic:20201004172607j:image
 ルウはしゃびしゃび気味でした。ココナツの風味と素材の甘み優しく、西友カレーの特徴である「無難にまとめる」方向が、ここでは良いほうに作用しています。主張が激しいはずのアジア系のスパイス・ハーブが甘くまろやかにまとまっています。具材はジャガイモもチキンが大きめのカットで数個入っていて、これはこれでアリです。

 

  • チャナマサラカレー (150円) 

f:id:baroclinic:20201004173026j:image

f:id:baroclinic:20201004173052j:image
 一口目でかなり酸味がきて、個性を出そうという意志を感じました。しかしトマトの酸味なので親しみやすいです。ルウはもったり気味で、固形物はひよこ豆のみですが、ほぼ溶けているトマトや玉ねぎもたまに確認できます。チャナマサラのチャナはひよこ豆で、マサラがカレー的な料理の意味なんですね。それで酸味と辛味が特徴なんですって。なるほどネットで調べた特徴とこのカレーは合っています。スパイスの方向性は他と似ていますが、酸味で個性が出ました。フルーティーかつしっかり辛いです。

 

  • ソテードオニオンとまろやかハニーのカレー (85円)

f:id:baroclinic:20201004173133j:image


f:id:baroclinic:20201004173156j:image
 んまあ甘い。西友の万人にやさしいカレーの甘口ですからそれは大いなるいたわりの優しさです。味は前回ご紹介した85円の赤(辛口)、緑(中辛)と同じ系列です。レトルトカレーの真ん中で、深みは無く、甘口はスパイスの広がりも抑えられて、いっそう甘さが加わっています。

 

f:id:baroclinic:20201004173400j:image

f:id:baroclinic:20201004173337j:image
 これまでナメていた子供にパンチを食らったような痺れの辛さが来ました。さすが麻辣を名乗るだけあります。クワイが3mm角ぐらいのキューブで入っており、サクサクした食感の具材はカレーの中では珍しいものになっています。ほかに認められる固形分はひき肉です。唐辛子成分は赤いオイルが表面に滲む形で見え、舌には「麻」、鼻に抜けるのは「辣」の、麻婆豆腐の風味です。ちゃんと辛いです。

 

f:id:baroclinic:20201004173426j:image

f:id:baroclinic:20201004173450j:image
 すっごい普通。怒涛の普通さ。西友の赤・緑・黄色の85円ラインナップよりも普通の味です。生クリームに特色を持たせたかったらしいけれど、普通のカレーとして馴染んでいて特に感じられません。具材は固形がほぼ見当たらず、ビーフの繊維らしいものが少しあり、トロトロの玉ねぎがたまに認められる程度です。じっくり煮込んであるということでしょう。甘さと安心感をカレーに求める人におすすめ。

 

-- 

 今回はここまでにしましょう。

 カレーを食べたらスパイスに殴られたい私にとって、西友の万人受けの方向は相容れないものがありますが、それを自覚しつつのレビューで評価は両極端に触れました。

 

 さてどうやら、残りはあと3,4種類のようです。
 認識している限りの種類をコンプリートしたら、自分なりのランキングを発表しようと思います。