読むめし

口で咀嚼するたけでは足りず、観念でも食べ物を愛でようとする人間

本を読んだ翌日に場所を訪ねる。鎌倉 日蓮宗のお寺

 

鎌倉を勉強しようということで、山岡荘八の『日蓮』を読みました。前々回の記事でも少し触れました。

 
鎌倉について勉強するために私がこの小説に期待したのは、もちろん鎌倉を舞台にした大活躍だったのですが、この小説『日蓮』全1巻は、
「俺たちの戦いはこれからだ!」
みたいなところで終わっているんです。
 
物語の大部分は、千葉の小湊で生まれ育った若き日蓮の懊悩を描いており、鎌倉に来て幕府にケンカふっかけたあたりで終わります。
 
まあ、事情は想像しますけれども。
 
すなわち、当時かなりの高僧でも読み終えるのが難しかった法華経に基づいて日蓮が論駁しているため、それを描こうとしたら法華経を理解して裏を取らなければならないかもしれません。
さらに、他の経典も理解しなければならなかったのではないかと考えております。
 
うん、仕方ない仕方ない。
 
でね、日蓮にびっくり激怒した鎌倉幕府の周辺の人々の名前が小説の終盤にいろいろ出て来るのですが、彼らのその後が気になっておりました。
 
宿屋光則は、鎌倉幕府の官僚で、日蓮からの幕府批判の文書を執権に取り次ぐ役割だった人です。
 
小説では、取り次いだところで終わっています。
 
でも、なんで文書を取り次ぐだけの人が何度もフルネームで登場したんだろう?
しかも、宿屋ってマジ名字?
 
と気になっていました。
 
すると、小説を読んだ翌日に答えが目の前に現れました。
f:id:baroclinic:20171106220516j:image
 
お名前がそのままお寺の名前になっていらっしゃる。
 
宿屋さん、日蓮の文書に激怒した執権から、日蓮の弟子の日朗を捕らえる役目を仰せつかります。
 
自宅の裏山の牢屋に日朗を閉じ込めたのですが、やり取りを重ねるうちに感化されて改宗しちゃったのですね。
 
それで、自邸をそのままお寺にしてしまったと。
f:id:baroclinic:20171106221045j:image
お寺の裏山に実際にある牢屋です。
誰でも外側から見学できます。
 
光則寺は、長谷駅から大仏へ続く道の途中から逸れた場所にあるためそれほどメジャーなスポットではないかもしれませんが、歴史が垣間見える場所でした。
 
そのすぐ近くにある収玄寺も、元は北条一族の執事だった人が日蓮に帰依して庵を結んだ跡地なのだそうです。
f:id:baroclinic:20171106222623j:image
 
長谷からどんどこ西へ向かう途中でも日蓮の足跡がいくつか見られます。
f:id:baroclinic:20171107054301j:image
日蓮袈裟掛けの松は、腰越へ処刑されに向かう日蓮が袈裟を掛けたという松で・・・
 
上の写真の左側、えっ、小っさ!
 
と思いましたが、さすがに何代も生まれ変わっているそうです。
 
f:id:baroclinic:20171107054704j:image

日蓮が雨乞いしたら雨が降ったあたりと言われる石碑や池もあります。

 
腰越まで来ると、日蓮宗のお寺が複数ありました。
 
こうして見ると、鎌倉市の東の端である名越切通し付近に安国論寺があり、西の端にも日蓮宗のお寺、そして実は、藤沢市にギリギリ入ったところに「龍の口」という、日蓮の処刑場がありまたお寺もあります。
f:id:baroclinic:20171107055539j:image

ちなみに日蓮、この龍の口で首を切られる予定だったのですが、直前に何らかの奇跡が起こり、生き延びます。

 
鎌倉幕府に殴り込み、論理で説いて多くの人を納得させて、お寺はできるし聖蹟が残って今に伝わっているのを見ると、当時の圧倒的なパワーを思わずにはいられません。
 
そんな本日の食糧は、光則寺近くのドイツパン屋さんBergfeldのプレッツェルです。
f:id:baroclinic:20171107060742j:image
 
わーい、ビール飲みながら食べられるパンだよ。
 
f:id:baroclinic:20171107060952j:image
1番人気と書かれていたクルミとバターのケーキもいただきます。
 
飾りがなくて食材をギュッと詰め込んだ素材を切り分けただけなのがドイツらしいですね。
 
小町通りで団子食ってるだけでは済まない鎌倉、東西方向に歩くと日蓮のことが少し分かりました。
 

豆腐屋さんの未来について考える

豆腐屋さんがピンチという話をテレビで見ました。

 
豆腐の価格は上がらないけれど、消費は減っている。
 
そこで私は勝手に豆腐屋さんの立場になり、どうすれば良いかを考えました。
 
豆腐を、豆腐単体だけではなく、豆腐料理セットとして売るのはどうでしょう。
 
ターゲットは単身者にします。
 
豆腐を調理して食べたいけれども、一食分の食材を用意すると余ってしまう。
 
そこで、レトルトか何かで具材を付けることにします。
 
これまで、麻婆豆腐の素などを別の会社が周辺を提供し、豆腐を別途購入するパターンはありました。
 
これを豆腐中心に転換します。
 
・例えば、ゴーヤチャンプルーキットはどうでしょうか。
 
ゴーヤを適量、スパム肉も適量。鰹節もサービスで付けましょう。独自のゴーヤチャンプルー向けのタレも付いています。
個人的にはコーレーグース(島とうがらしの焼酎漬け)も入っていると嬉しい。
 
ほらね、一人暮らしではなかなか作らないけれど、セットになっていたらビールに合わせたい一品になりました。
 
・麻婆豆腐も、他の人と食べるときは好き嫌いで遠慮するし、一人のときはあえて買わない具材をゴロゴロ入れます。
 
タケノコとシイタケを適量。香ばしい風味のネギとネギ油。山椒の小袋も付けますよ。
 
東南アジア風の、そんな料理は聞いたことないけどなんとなくそれっぽいやつも考えました。
 
パクチーをたっぷり、ナンプラーをベースに、鶏肉そぼろと唐辛子と豆腐を混ぜ混ぜしていただきます。
 
・あとは、スンドゥブチゲだよねー
 
って、おっと?
 
ありましたよ。豆腐屋から出たスンドゥブチゲが。
f:id:baroclinic:20171113215113j:image
具材は一切なくて、ひたすら豆腐と魚介辛味スープだけでしたが、濃厚で美味しかったです。
青ネギは自分で乗せました。
f:id:baroclinic:20171113215132j:image
 
スーパーで買った価格は178円(税別)でした。
タンパク質が優勢で低カロリー(176kcal)で食べ応えのあるスープはアリです。
 
他にも、同じ会社から出ていました。
 
坦々豆乳スープ麺。
f:id:baroclinic:20171113215225j:image
これもコクがあって低カロリーでタンパク質が多い。具材は少しの肉そぼろのみ。
買った価格は158円(税別)でした。
f:id:baroclinic:20171113215243j:image
 
レトルトで具材を付けるのは、もしかしたらまだ価格とのバランスで難しいことがあるのかもしれません。
 
しかし、豆腐の新時代は来つつあるような気がするのです。
 

鎌倉、材木座のお寺のさらに先へ

前回、日蓮の足跡のある鎌倉のお寺について書きました。
 
今回はそこからさらに海岸の方へ向かいます。
 
長勝寺日蓮宗で、安国論寺から南へ数百m、横須賀線を越えた所にあります。
f:id:baroclinic:20171105173850j:image
強そうなクリーチャーたちを従える強そうな日蓮像があります。
f:id:baroclinic:20171105174042j:image
 

実際日蓮は「偉丈夫」と伝えられています。

あの時代に新しい宗派を打ち立てるのは、房総半島から叡山や高野山を駆け回り山と積まれた経典を読み、盗賊から逃げられるだけの体力がないと成し遂げられないことだったかもしれません。
 
そこからさらに海へ向かうと、ちょっと驚くようなお寺がありました。
f:id:baroclinic:20171105174534j:image
最初の門のずっと向こうにさらに大きな門があって、その遥か先に本堂みたいなのがある?
 
f:id:baroclinic:20171105174733j:image
何ですかこの広さ
 
f:id:baroclinic:20171105174819j:image
光明寺というそうです。
 
f:id:baroclinic:20171105174932j:image
スローガンは法然共生?

法然さん、ということで、ここは浄土宗のお寺のようです。
 
実はこの光明寺日蓮が鎌倉に来る前からあったのです。
 日蓮の鎌倉入り:1253年
 光明寺建立:1243年
 
京都で興った浄土宗の、鎌倉における一大研究センターのようなお寺で、現在でもその働きは続いている雰囲気がありました。
 
その先はいよいよ材木座海岸です。
 
f:id:baroclinic:20171105175954j:image
 
和賀江島は、鎌倉市と逗子市の境界にあり鎌倉時代に日本で初めて造られた人工の港湾設備です。
 
材木座海岸はビーチで遠浅なので、船を付けにくかったのですね。
 
現在は残念ながら当時の港湾的な働きはなく、長い年月の波に削られてただの沖合いの浅瀬になっています。
f:id:baroclinic:20171105180425j:image
上の写真の真ん中にあるペタッとしたやつがそれで、今はその周りをサーファーが盛んに行き交っています。
 
和賀江島の望む陸側にあるのが六角の井戸といって、海に最も近いところから水を汲み上げていました。
f:id:baroclinic:20171105180701j:image
ここまで来ると、鎌倉の東側をひとつコンプリートした気分になれます。
f:id:baroclinic:20171105180750j:image
 
が、ついついその先が気になって散歩してしまう私は、逗子市へ突入しました。
f:id:baroclinic:20171105181058j:image
正覚寺も、光明寺と同時代にできた浄土宗のお寺のようです。
 
新墓地受付中。
海と緑に囲まれて。悪くない。
 
f:id:baroclinic:20171105181235j:image
 
実は和賀江島の碑〜六角の井戸〜正覚寺のルートは、その先に抜ける道のない行き止まりです。
鎌倉〜室町と推移して戦国時代には、一つの大きな戦の舞台となったお城も山の上にあったそうです。
 
急坂を登って振り返る海に最果て感があります。

別の道でトンネルをくぐれば逗子方面へ抜けるのですけどね。
 
下の写真は、昔訪れた逗子のsurfersというカフェで、トンネルの先にあります。

何しろ海に突き出たロケーションでカリビアンかハワイアンな料理を食べられ、圧倒的にゴキゲンな場所です。
 f:id:baroclinic:20171107215151j:image

急に最後だけ雰囲気が変わってすみません。

鎌倉、大町のお寺を尋ねて

鎌倉時代の新しい仏教ということで『親鸞』を読んだら全く鎌倉が出てこなかったという話を前に書きました。

 
そこで、今度こそ同時代に鎌倉にいた日蓮の小説を読んでみました。
山岡荘八の『日蓮』、全1巻です。
 
日蓮は、千葉県は小湊の出身です。
 
かの井伊氏の分家で、浜名湖周辺にいたのが、何らかの乱に連座したと鎌倉幕府からイチャモンを付けられて外房へ配流になりました。
 
そこで漁師として生きる一家でしたが、お武家さんだったので読み書きなどができたのでしょう、日蓮はその地の地頭のご学友として召し出されます。
 
明らかにデキる日蓮は、お寺のスカウトの目にとまり、千葉のお山のお寺へ入る、という経緯でした。
 
ところが、あまりにもデキすぎて次第に世の中の不条理が引っかかるようになります。
 
仏様が見ているはずなのに、どうして世の中は苦しみだらけなのか?
 
仏様を奉じる人たちの中で、誰が正しいのか?
 
なぜ日本にはいろんな宗派があるのだ?
 
本気で気になった日蓮は、経典を読みまくり、各地の高僧とディスカッションの旅もします。
 
そうして得た日蓮の結論はこうでした (ブログ筆者の解釈です):
 
密教系 → 盛大に祈っても、世の中の不正や苦しみは消えていないじゃん。
 
浄土系 → 祈るだけで誰でも救われるとか、人間の力はそんなに小さくて、自然のなすがままなのか?
 
禅系 → 肉体を苦しめて悟りを得られるとなると、形式主義に陥るのでは?
 
・・・どれも違うようだ。
お釈迦さまの元々の教えにはこんな宗派など無かった。お釈迦さまの直接のお言葉に最も近い原典こそが最も真理に近いのではないか。
 
それは、法華経だ!
 
原典に忠実に従えば、宗派は分立もしないし、政治だって正しく行われるはず。
 
で、鎌倉に突っ込んで行って活動を始めます。
 
まず草庵を結んだのが、名越切り通りの近くの妙法寺付近と言われています。
f:id:baroclinic:20171105171526j:image
元の草庵は、政治でも仏教世界でもあらゆる敵を作ってバッキバキに焼き討ちされて残っていないので伝承になる訳ですが。
 
そのすぐ近くに安国論寺があります。
f:id:baroclinic:20171105171721j:image
名前が個性的でかなり分かりやすいですね。
 
日蓮が「こうしないと国はイカン」と文章を書いた場所です。
 
f:id:baroclinic:20171105171957j:image
 
そそっと門をくぐって本堂までを歩くだけでも、気持ちの良い視界に囲まれます。
f:id:baroclinic:20171105172246j:image
 
観光客は私の他には2人連れだけでした。
 
f:id:baroclinic:20171105171912j:image
 
観光的にはそれほどメジャーではない、(今は)落ち着いたお寺を見られてよかったです。
 
と言いつつ、本日のおみやは御成通りの鎌倉小川軒、シューロールをいただきます。
f:id:baroclinic:20171107065306j:image
 
玉子の風味が濃厚で、クリームがまったりしてシュー皮が独特の食感を出し西洋の贅沢を感じるお菓子でした。
いろいろすみません。
 

吉川英治の小説『親鸞』を読んで

この記事には小説のネタバレが含まれます。
というか歴史上の人物の話だし小説が書かれたのは昭和10年代なのでネタバレも何もないかもしれませんが、小説の展開がハラハラドキドキなので、楽しみに取っておきたい方はそっと目をそらしてください。

また、歴史上の話ではありますが、小説なので多少の異なる見解もあることをお断りしておきます。
 
 
---
 

親鸞は1173年生まれ、1263年没。


すなわち、「いい国つくろう鎌倉幕府」と言っていた(?)頃の動乱に生きたお坊さんです。
 
親鸞は、人間の弱さや欲望に向き合って受け入れた人と聞いていたので、ヨレた酔っ払いみたいな人かと想像していたら、真逆でした。
 
なんと親鸞の母親は、源頼朝義経兄弟の又従姉妹らしいんですね(諸説あり)。
 
父親は京都の貴族でした。
 
武家の血をひき貴族の家に生まれた親鸞は、世の中の争いごとに巻き込まれないようにとの周囲の願いから、わずか9歳で仏門に入ります。
 
このときからもう圧倒的にハイパーな能力がとめどなく発揮されます。
 
お寺での預かり先である慈円さんは、一目見た瞬間に
「この子ヤバい」
と見抜き、異例のスピードで仏門の昇進を後押しします。
 
その慈円もハイパーな家柄で、お父さんもお兄さんも摂政関白なのです。
 
特に慈円の兄の九条兼実は、頼朝に征夷大将軍を宣下するとか、平安末期から鎌倉初期にかけての超VIP人物です。
 
九条兼実慈円の兄弟は、俗と聖の間で立ち回り、志と能力のある人々を後押ししますが、あんな所に行き着くとは思いもしなかったかもしれません。
 
すなわち、女人禁制とされていた当時の仏門の中で、九条兼実の娘と親鸞が結婚しちゃいます。
 
若くして異例の昇進を続け、山で厳しい修行を何年もやって、経典を読み漁り、各地の高名な僧とディスカッションを重ねた挙句、得られた結論は「坊さんでも結婚アリだわ」っていう。
 
エリート中のエリートたちがとんでもないことをしでかしたので、それぞれの政敵から攻撃されてもう大変です。
 
新しい宗教が起こるとき、創始者と周囲の人々は往々にして迫害されます。
 
鎌倉時代に勃興した新しい仏教の周りでも、えげつない迫害は起きていたのですね。
 
いやもう、仏教の話なのに展開はジェットコースタームービーよ。
 
アクションシーンも随所にあります。
小説の中で偶然の出会いもしばしば起こりますが、それらは世の中の何かの象徴と捉えれば受け入れやすいでしょう。
 
ところで、私は鎌倉時代つながりで読み始めたのですが、親鸞は首都・鎌倉には全く行かなかったんですね。
私の認識が甘かった。
 
舞台は京都と叡山から、流罪になって北陸、そののちに北関東へ。
仏教界のカリスマは、各地に仏の教えの灯をともして行きます。
 
なるほど、それが後の時代の宗派の分布につながるのか・・・?など見えかけているものもあり興味深いです。
 
ところで、序盤は酒を飲みながら読むなんて申し訳ない気持ちがあったのですが、展開するにつれて「ええんやで」ってなりました。
 
もう肉の写真を貼っておきます。
f:id:baroclinic:20171022012809j:image
 
小説に仏教や宗教モノってアリだと思います。
 
悟りを開こうとあれこれ考えて勉強して修行して議論したのに、里へ降りて現実世界を見たら自分の身近な親族の生活の悩みのほうが切迫していて一から考え直したり。
 
小説のところどころに様々な上人や弟子たちの言葉がちりばめられているのもお得です。
説話集などから引っ張ってきたエピソードも多いのでしょう。それだけでもありがたや。
チョコレートをかじりながら仏教の本を読んだっていいんです、たぶん。