読むめし

口で咀嚼するたけでは足りず、観念でも食べ物を愛でようとする人間

中国製の食べるラー油「老干媽」シリーズを食べてみた

中国から来た「食べるラー油」、けっこうイケます。

きっかけは知人からのいただきものでしたが、美味しかったので横浜中華街へ行った際に探したところ、食料品店にはたいがい置いてあり、シリーズ製品が複数並んでいてテンションが上がりました。

今回は、私が知る限り横浜中華街で入手可能なシリーズ全種類を紹介します。

 

〈横浜中華街で入手できた老干媽(ローカンマ LAOGANMA)シリーズ一覧〉
1. 豚肉入
2. 鶏肉入
3. ピーナッツ入
4. ピーナッツ・豆腐・ザーサイ入
5. 豆鼓入
6. 牛肉と豆鼓入
7. 玉ねぎ

 

1.豚肉入


f:id:baroclinic:20180419152735j:image

豚肉を干して細切りにした、やや固いものが入っています。肉だけど、お店の人いわく半年は持つそうです。


f:id:baroclinic:20180419152848j:image

シリーズの中で最も花椒が効いています。花椒とは、簡単に言うと中国産の山椒で、山椒よりも辛いです。直接舌に触れると痺れるよ。ちょっとした爆弾みたいです。

↓クワッと四方に開いた花椒、強そう。
f:id:baroclinic:20180419152946j:image

正直、豚肉は入ってなくてもよくない?とも思いますが、まあこれのおかげでラー油単体でも酒の肴になりますし、もやし炒めにかけるとタンパク質の追加にもなります。


2. 鶏肉入


f:id:baroclinic:20180419155700j:image

わざわざパッケージの真ん中に「骨付き鶏肉」と書いてあり、骨付きってどういうこと?と思ったら、たまに人差し指の先ぐらいの塊がありました。コクを出すためなんですかね。


f:id:baroclinic:20180419155800j:image

鶏肉はやはり干したものです。これも人差し指の先ぐらいの大きさで、食感と風味は唐揚げの赤身がやや硬くなった部分に似ています。というか、原理的にほとんどそのものかもしれません。従って、ラー油に漬かった唐揚げが入っていると考えることもできます。
尚、ベースの味は、豆鼓なし、花椒控えめで、もちろん鶏肉の風味があり、コクが豊かです。

 

3. ピーナッツ入


これが中華食べるラー油のスタンダードという感じがします。
日本の食べるラー油よりも花椒の風味が効いているけれど、痛いほどではありません。粒そのままのピーナッツのまろやかさが安心を与えてくれます。
シリーズ中で最も個性が無く、すなわちベーシックで汎用的であり、初めての人にはこれがおすすめです。

(写真が無くてすみません)

 
4. ピーナッツ・ザーサイ・豆腐入 "三味"


f:id:baroclinic:20180419161309j:image

3つの具材ともクニュッとした歯ごたえです。大部分をこの3つが占めて、隙間を唐辛子とラー油が満たしています。
豆腐は凍り豆腐に近いです。中国の干し豆腐なのでしょうか。とにかくおなじみのあの生の豆腐とは違う食感です。そして、味が付いていません。ピーナツもナッツ感ではなく、クニュッとします。ザーサイが、これまたいつものではなくて、クニュッとするんです。おそらく一度干しています。やたら塩辛く、この瓶の中ではザーサイが塩味をもたらしています。


f:id:baroclinic:20180419161359j:image

ところでもしかして、豆腐とピーナツとザーサイと、唐辛子と油って、1日に必要な栄養素が揃っているのではないでしょうか。ひょっとして完全食ってやつなのでは?
これを食べつつビールを飲んで日が暮れても大丈夫だったりして。

 

5. 豆鼓入


f:id:baroclinic:20180419161458j:image

赤いラー油の中に黒くて柔らかい、お味噌の風味が詰まった豆がぎっしり入っています。辛い油味噌とでもいうのでしょうか、調味料としての統合性はピカイチです。日本の食べるラー油にはない、(他のもいろんな方向性で日本にはないけど)味の深みがあります。


f:id:baroclinic:20180419161543j:image

ちなみに豆鼓とは、大豆を発酵させて塩を加えた中国の中国の食品もしくは調味料で、味噌に似ているっちゃ似ているけど、豆の固形分が明確なやつです。
「みそ味の黒くて柔らかい豆」と個人的には認識しております。

 

6. 牛肉と豆鼓入


f:id:baroclinic:20180419161630j:image

蓋を開けた瞬間に、ギュッと煮詰めたような牛肉の匂いがきました。食べるとたしかにギュッとした風味があります。しかし、なかなか牛肉の姿は見つかりません。豆鼓や唐辛子の種ぐらいの大きさの牛肉片が入っていて、色や形が似ているので見つけにくいようです。


f:id:baroclinic:20180419161658j:image

豆腐にかけたら肉味噌のような役割を十分に果たすでしょう。シリーズの中で、濃さNo.1です。

 

7. 玉ねぎ


f:id:baroclinic:20180419161840j:image

香ばしい!甘い!美味い!ついついお菓子のように食べてしまいます。しっとりした食感ではなく、クリスピーです。大豆の粒も入っていて、意外にもこれがクリスピーで香ばしいのです。花椒も入ってはいるけれども、他に比べると控えめです。辛さも柔らかめで、スナック菓子のように食べ進んでしまう危険があります。


f:id:baroclinic:20180419161931j:image

 

 

以上、横浜中華街で入手できたシリーズ全ての紹介でした。

 

あ、注意点があります。

蓋が固いです。

紹介した7個中、6個は金属のテコ式の蓋オープナーを使わなければ開きませんでした。
蓋オープナーは千円以下で買えるので、用意しておくと良いかもしれません。

 

あと、店舗によって価格が異なります。

こういう自由競争は私が中華街を好きな理由の一つです。

ここで紹介した商品はほとんど280~400円の範囲ですが、自分で歩いて好みのお店を見つけるのも散歩の醍醐味だと思います。

 

以上です。

岡山県高梁(たかはし)市の印象と、岡山県

予想よりも大きな街でした。


f:id:baroclinic:20181028150248j:image

しかし正直、過去に栄えた感が濃かったです。


f:id:baroclinic:20181028150710j:image

平日の午前中のアーケードは、スピーカーから流れてくるFM放送の現代風なロックナンバーだけが響いていました。


f:id:baroclinic:20181028150802j:image

平日の日中、お年寄は小型車で移動するようです。

元城下町のため道幅が狭く、歩行者と車は常にギリギリですれ違います。


f:id:baroclinic:20181028151030j:image

紺屋川沿いは美観地区とされていますが、歩行者は車を避けながらの移動になります。

まあ仕方ないのですが。


f:id:baroclinic:20181028151425j:image

 

備中松山城の麓へ近づくと、武家屋敷の通りがあり、それらしい風景はありますが、やはり車は避けなければなりません。


f:id:baroclinic:20181028151757j:image

もう一つ特徴的だったのは、川の堤防です。


f:id:baroclinic:20181028152418j:image

白壁に瓦屋根?

 

この高梁の地は江戸時代、上流の山間部から川を使って運ばれてくる物資の中継地点だったと、近くの駐車場の案内板に書かれていました。


f:id:baroclinic:20181028152623j:image

ここで荷物の積み替えをすることで、仕事が増えて賑わったということです。

 

古都の雰囲気が濃厚な街です。

 

が、私が歩いた範囲では、古民家カフェはおろか、ここ10年以内に新規開店したようなお店は全く見かけませんでした。

 

ただ一つ、駅ビルの図書館兼蔦屋書店 featuringスターバックスを除いては。


f:id:baroclinic:20181028153343j:image

唐突に明るくモダンです。


f:id:baroclinic:20181028153453j:image

ツタヤと図書館の在り方については賛否両論ありますが、この高梁の図書館兼書店は有ってよかったです。

 

これまで歩いて来た街の様子と店内は全く世界観が異なりますが、しかしガラスの向こうにその街が見え、図書コーナーには郷土資料があることでしょう。


f:id:baroclinic:20181028153759j:image

倉敷市岡山市から足を伸ばして、歴史に思いを馳せる週末なんてのもアリです。


f:id:baroclinic:20181028154212j:image

ネコさん、稀に路地裏にいます。


f:id:baroclinic:20181028154251j:image

色は似ているけど、違うネコ
f:id:baroclinic:20181028154323j:image

 

てな訳で、岡山駅で在来線から新幹線に乗り換えて横浜へ戻ります。


f:id:baroclinic:20181028154531j:image

岡山駅で瀬戸内のタコ飯弁当を買いました。

天ぷら、鯖塩焼、野菜の肉巻、青菜の胡麻和え、玉子焼、根菜の煮物など、和食がしみじみ美味しかったです。

 

そういえば、岡山を実際に訪ねてみて、

「お米たくさんできるでしょ?」

という感想を持ちました。

 

倉敷駅から岡山駅へ在来線(山陽本線)で移動する間、なみなみと水を湛えた水路がいくつも住宅の間を通り、線路もそれを渡って行きます。

 

昔は泥土だった所を、

「土は土!水は水!」

って分けたやつでは?

 

と、歴史に目覚めた者の脳で見つめました。

 

高梁川に沿って走る伯備線からも、川がうねった跡の水田を多く見ました。

 

川がゆったりうねりながら流れる周りの、

岡山の山は穏やかです。

 

ってちょっと早口言葉っぽくなりましたが、備中松山城のようなお城が成立したのも、このような地形からかもしれません。

 

以上、そんなことを考えた岡山の旅レポートでした。

 

備中松山城の麓の頼久寺の文化そして「ゆべし」

備中松山城の城下町である岡山県高梁市を歩いていたら、なかなか立派なお寺がありました。


f:id:baroclinic:20181028125955j:image

なになに、足利尊氏が諸国に建てた安国寺の一つ。


f:id:baroclinic:20181028145128j:image

足利尊氏・直義兄弟は、鎌倉幕府滅亡や建武の新政、南北著の争乱などで亡くなった人々を弔うために、全国に六十あまりのお寺を建てたことを、ネットで調べて知りました。

 

彼らってそんなに信心深かったっけ?

と思ったのですが、足利尊氏夢窓疎石に出会っていたのですね。

 

夢窓疎石とは、お坊さんであり、臨済宗の巨匠であり、後醍醐天皇から「国師」の称号を与えられた、鎌倉検定必出の最重要人物です。

鎌倉では、瑞泉寺の庭園を設計しています。

 

この岡山のお寺は建立後、途中でやや寂れましたが、上野頼久という人が中興の祖となり、その人にちなんで「頼久寺(らいきゅうじ)」とが寺号となりました。

 

そんで、江戸時代の初頭にここに住み、現代まで続く庭を作ったのは小堀遠州なのですね。


f:id:baroclinic:20181028135407j:image

小堀遠州って、昔の文化人かな?

ぐらいの認識しかありませんでしたが、安土桃山時代から江戸時代にかけての茶人、建築家、作庭家、書家にして、なおかつこの備中松山の藩主でした!Wikipediaより。


f:id:baroclinic:20181028135816j:image

その小堀遠州が直々に居住かつ設計した枯山水の庭を、平日だったので独り占めできました。

貸切り状態ってやつです。
f:id:baroclinic:20181028140106j:image

小堀遠州プロデュースとか、ちょっと名前を貸して監修にしたとかではなく、実際に住んで、自分が納得するように作った庭ッス。
f:id:baroclinic:20181028140700j:image

ここでふと、文化の流れを考えてみました。

 

鎌倉時代に東国へと政治の中心が移り、足利氏も東国の武士であったが、鎌倉幕府が倒れるに及び、京都に中心を戻すことになった。

 

→東国武士の、京都の文化への憧れ

武家が公家を取り込む必要性

 

この2点から室町文化が発展したのではないか?

そしてそれは、鎌倉武士が支持した禅宗と京文化の融合だったのでは?

 

って、山川の日本史の教科書を確認したところ、東アジアとの交易が活発になったことと、惣村と都市の民衆の生活レベルが上がったことが挙げられていました。

いずれ、公家、武家、庶民が同様なものを愛好して文化が洗練されて行ったと。なるほど。

 

室町時代に形成されたワビサビの文化は、戦国時代になるとサムライの趣味や哲学となり、混乱の世が煮詰まって江戸時代に至り、小堀遠州が一つの集大成となった −

 

と、この頼久寺にて、私のイメージの中では、夢窓疎石から小堀遠州への流れがつながりました。

 

そして小堀遠州、この地方の柚子を使った「ゆべし」まで考案しちゃったね。


f:id:baroclinic:20181028143213j:image

現代でもお土産として売られています。

 

くるみゆべしを食べ慣れている身としては、柑橘風味があると食感と相まってガムみたいだと正直思いましたが慣れると程よくお腹にたまります。歴史の流れの一部として食べ物を身体に摂り込めたのは意義深いことである。

 

食べ物ブログとしてここまでやってきて、これほど歴史・文化と散歩と食べ物がつながったのは初めてかもしれません。

 

急に備中松山城

仕事で急に、お客様からクレームが来たのです。

ええ、クレームはいつも突然にですけど。

 

「お客様がお問い合わせの弊社担当は先日退職いたしました。現在の担当は長期休暇中です。」

 

ってことで、私が現地に行くことになったYO.

 

行ったこともない場所で扱ったことのない製品の検品をするということで、プレッシャーが大きかったんですけど、なんとか現地に着いて作業を終えましたので、翌日は休みを取っちゃったYO.

 

倉敷に一泊し、翌朝は備中松山城へ。

 

倉敷からJRで30分ほど北上すると、城下町の備中高梁駅に着くのですね。

 

駅から街の中を歩いて、お城へ登る登山口へ。

約1.5kmの山道です。


f:id:baroclinic:20181026051254j:image

筋肉痛バッチコイ!

 

って、山道の割に勾配が一定で、困難な箇所は無かったです。


f:id:baroclinic:20181026051843j:image

途中から城主が語りかけてきます。

 

「城主誰よ?!」

とツッコミながら登ります (城主を知らずに向かっている)。


f:id:baroclinic:20181026054859j:image

徒歩の人は登山口から天守まで1.5kmですが、そのほぼ中間地点に駐車場があり、車で別の道から途中まで来られます。

 

そこを過ぎると圧巻の石垣が出現します。


f:id:baroclinic:20181028121059j:image

登山道を歩いて来た感覚からだとすっかり山の中なのですが、こんなにイカつい石垣が出現するパターンがあるのですね。


f:id:baroclinic:20181028121330j:image

さすが中国地方は戦国時代の激戦地?


f:id:baroclinic:20181028121537j:image

さて、いよいよ本丸付近まで来ると、城主誰なのか問題の答えがありました。

f:id:baroclinic:20181026053308j:image

城主変わりすぎ案件です。

 

登山道で語りかけてくる「城主」は、それぞれの心の中にあるのだと思います。

 
f:id:baroclinic:20181026054436j:image

天守は小ぶりですが、さすがに城主は日常的にここに居たのではなく山の麓で暮らして仕事しており、山の上の天守は戦が起きたときだけ使う小屋みたいなものだったのですね。

 

だって、こんなに高い場所ですよ。


f:id:baroclinic:20181028145330j:image

 

平日の午前中だったので、お年寄が杖をつきながらワッセワッセと歩き、天守の中では「アイタタタ」と言いながら急な階段を登る姿が見られました。

 

そんななので、現存天守までの道はまあまあeasyでしたが、実はその奥にさらなるトレイルがあったようです。

<高梁の山登山詳細図 全21コース>

http:// http://www.kibito.co.jp/book/978-4-86069-563-7

 

そんなことも、帰宅してTwitterを眺めていたら判明したりなんかして、興味が尽きません。


f:id:baroclinic:20181028125040j:image

写真は、高梁からは電車で30分ほど離れますが、倉敷駅のピオーネスイーツです。

ショーケースに並んでいるだけで見惚れる透明感でした。

時間と場所の都合で、食べてないけど・・・

 

仕事でさらに悪いことが起こらないかビクビクする一方で、また行けないかなあと期待する今日この頃です。


f:id:baroclinic:20181028150407j:image

 

オネアミスの翼の異世界感から八王子駅前の斜めストリートを見た

2018年10月20日(土)横浜から横浜線に乗って八王子に行ってきました。

 

何しにかというと、美術館に「オネアミスの翼展」を観に行ったからなのですが、このブログで報告するべきは食べ物です。

 

JR八王子駅からちょうど美術館の方向へ斜めに延びる遊歩道ストリート(西放射線ユーロードというらしいです)を歩きました。

 

お昼は老舗ラーメン店の「竹の家」でスタンダードなラーメンをいただきました。


f:id:baroclinic:20181023164227j:image

ノスタルジー、レトロ、昭和と形容される、東京醤油ラーメンです。

 

魚介でも肉でもないというか、ダシの風味が何もせず、スープに脂の成分は無いのですが、調味料の味のカドがなくてまろやかな味です。

 

チャーシューは赤みだけのペラッとしたやつかと思いきや、意外とプリッとして風味がありました。

 

ネギとメンマとノリがスタンダードにそれぞれの役割を果たしていて、分量のバランス的に飽きさせません。

 

飲み会の後に食べたらホッとするでしょう。

 

美術館の帰りは、同じ斜めストリートの「サラダガール」に寄りました。

 

一言でいうと、センスが良い。

 

店の外装と内装が、ちょっとお洒落だけど親しみやすくて開放的で入りやすい。


f:id:baroclinic:20181023164429j:image

そして食べ物が、シンプルだけどオリジナリティがあって、確実に美味しい。


f:id:baroclinic:20181023164339j:image

ジャガイモとキャベツのパリパリサラダ、ジャガイモは極細の千切りにして揚げ、千切りキャベツの上に乗せただけのものですが、食感と味付けのバランスが絶妙です。

 

手作り薩摩揚、食べかけの写真ですみませんが、ふわふわでタマネギのアクセントもあり、揚げた風味は香ばしい。


f:id:baroclinic:20181023164354j:image

食器もまた絶妙に独特で、ストリートに馴染みつつ僅かにファンタジックな世界観を出しています。

 

それから、店名を忘れたのですが、同じ斜めストリートの駅寄りのほうにやたら安い中華料理屋がありました。

 

焼き餃子4個150円、水餃子250円、ハイボール100円ですと。


f:id:baroclinic:20181023164505j:image

味は普通でしたが、ここに来れば300円以下で肴が付いて飲めるとか、なんて場所だ。

 

ところで、この日の目的だったオネアミスの翼展ですが、けっこう刺激ありました。

 

公開は1987年で、正直当時は横目でチラッと程度だったのですが、この展示を観て驚きました。

 

bijutsutecho.com

架空の惑星の架空の国で、一人の男が史上初の宇宙パイロットを目指すという話なのですが、その設定資料が綿密でした。 

 

食べ物まで架空なんですよ。

食器も、ボトルの形も。

そして文字も。

 

街並みは中世ヨーロッパと未来宇宙的なものが混ざって、どうしてこんな世界を創り上げることができるのだろうと。

 

展示で監督のインタビューが映像で流れていて、

「今ある身近なものも、変化する流れの中で、今たまたまそういう形をしているに過ぎない。例えばお皿にツノが生えていたら違和感あるでしょう。そういうちょっとした異世界感を出そうとした」

みたいな話があり(うろ覚えですが)、なるほどと思いました。

 

そういう脳で外に出て街を歩いてみたら、飲食店は、多かれ少なかれ異世界感を出すところになりました。

 

小洒落たバー、和風居酒屋、中華料理屋、それぞれがストリートの現実から壁紙一枚隔てて少し別の世界を演出しています。

 

そんなことを考えた八王子探訪でした。