読むめし

口で咀嚼するたけでは足りず、観念でも食べ物を愛でようとする人間

福井縦断 初心者が日本史を学ぶコース

日本史を真面目に学ぼうと志したのは、このブログを始めた後でした。

 

そろそろ、興味を持ってから2年ぐらいになるんでしたっけ(知らんよね)。

 

まだ日本史初心者と名乗っているのは、やはり2年ぐらい興味を持ったところで入門の手前というか、アホでも分かるとか、2時間でおさらいとか、そういう書物しか読めないからです。

 

そんなわけで、実際にちょっと史跡をめぐって把握しようというのが2018年GW旅の動機でした。

 

さて、福井県坂井市丸岡城です。

 
f:id:baroclinic:20180708124648j:image

現存12天守の中で最も古い様式!

砦のようなものを合わせると国内に3万とも言われる城郭の中で、江戸時代から現存しているのは12だけなのだそうです。

 

コンパクトで地味な役割のお城ですが、1576年に柴田勝家の甥が築城、その後いろいろ城主が代わって江戸時代に入ってもお家騒動とかあって、有馬氏が6代続いた後に明治維新

さようでございますか。

 
f:id:baroclinic:20180708124821j:image

代々の殿様は覚えられないけど、天守の上から眺めると、きっと豊かな実りの平野だったのだろうと思わせる街がありました。

 
f:id:baroclinic:20180714114247j:image

お城のチケットに小粋な栞が付いてきます。

これなのよ、あたしずっと言ってるんだけど、こういう券はみんな栞の用途を考慮したものにすればいいのにって。

 

お次は永平寺です。

 

山深くに凝縮された禅スポットでした。
f:id:baroclinic:20180708124932j:image

靴を脱いだら、渡り廊下でつながったたくさんの建屋に行けて、これほどお寺の建屋をたっぷり歩き回ったのは初めてでした。
f:id:baroclinic:20180708125000j:image

日本史を意識し初めてから気がついたのですが、禅宗系のお寺はきちんと決まった(高くはない)拝観料を取り、見学者に施設を公開するお寺が多いですね。

 
f:id:baroclinic:20180708125040j:image

山奥の限られた土地に様々な需要が発生したせいか、建屋の密度が高いのも永平寺の特徴だと思いました。

 

旅グルメは門前町の土産屋にて、黒ごまソフトです。
f:id:baroclinic:20180708125103j:image

もうちょっとゴマゴマした食感と風味があってもよかったかな。

これはあっさりなめらか系でした。

 

からの、一乗谷です。

戦国時代のハイライトの一つである、朝倉氏滅亡の舞台です。
f:id:baroclinic:20180708125359j:image

てっきり市街地になっていると思っていたのですが、完全に「遺跡」でした。

この日は雨が強くてのんびり見学できなかったのですが、当時の町並みを再現した場所はRPGぽくて面白かったです。

往時は細い谷にびっしりと一万人ほどが暮らしていたと聞き、人が住む場所の転変に驚きました。
f:id:baroclinic:20180708125518j:image

谷を囲む山にはお城「一乗谷城」があったのですが、「さすがに無いわ」というくらい雨が強かったので断念しました。

 

城巡りの旅をしても、特に山城だと天気とスケジュールの兼ね合いがありますからね。

それも日本史を学び始めてから分かったことです。

 

福井県は「越前」というだけあって、京から山を越えた場所の悲喜こもごもが散在するエリアでした。

歩くほどに何かが出てくるに違いありません。

近江八幡に出現したもう一つの街

2018年5月連休の旅の思い出です。まだ綴り続けております。

 

近江八幡、この、昔日の残照と現代に息づく歴史を感じる街の響き。

早朝の散歩では、期待に違わぬ姿を見ることができました。
f:id:baroclinic:20180626061653j:image

近江八幡は琵琶湖のほとりにあり、水運を利用した商業が発展した街なのですね。

 
f:id:baroclinic:20180626062046j:image

かの安土城もほど近く、豊臣家が商業をバックアップし、近江商人発祥の地となりました。

 
f:id:baroclinic:20180626061820j:image

近江商人の「三方よし」の精神が誇らしげに掲げられています。

 
f:id:baroclinic:20180626061857j:image

琵琶湖の水運が必要なくなると、運河は消滅の危機に直面しましたが、美しい景色を残そうという志の方々によって救われました。

 
f:id:baroclinic:20180626061920j:image

現在の街の規模はそれほど大きくないのですが、水辺の緑と静かな街に心が洗われます。

 

ところがですよ。

 

水郷の市街エリア「八幡堀」から少し離れたところにラ コリーナというお菓子の総合施設ができまして、ガイドブックを見ると必ず載っているのですね。

 

バウムクーヘンが最近の名物なのか。いいじゃない、食べようじゃない」というノリで向かったらですね、数kmに渡る渋滞ゾーンでした。

コリーナ渋滞だったのであります。

 

やっと施設へ踏み入れたら、えらいのんびりファンタジー世界だったのですが、
f:id:baroclinic:20180626072533j:image

建屋の中はバウムクーヘンをはじめ、どの売場も長蛇が大渋滞状態で

「買おうかな、でも並んで時間かかるし」

なんて迷うことすら一瞬もなく諦めるレベルでした。

 

この静かな水郷の街に何が起きたのか。

 

検索したところ、近江八幡発祥のお菓子屋さん「たねや」が、この広いお菓子パーク(?)の全てを運営していることがわかりました。

taneya.jp

自然と共生しながら、人々が集う場を提供する。

 

なんというか、伝統的な日本の風景とは全く違うのだけど、だからといって世界のどこでもない、そして確かに自然はそこにある、不思議な風景です。

f:id:baroclinic:20180504171806j:plain

そしておびただしい人がいる。

 

これが外側からの資本ではなく、地元のお店から発展し、なおかつ自然と共生を目指している事実に、安心をおぼえました。

 

正直もう、ラ コリーナ近江八幡の街そのものよりもデカいと思います。

 

近江商人の水郷の街にできたお菓子屋さんが発展して、もとの街を圧倒する規模の新しい世界を、新しいのだけど元の世界と共生するような世界を目指している、興味深いパターンに出会いました。

 

次に訪ねる機会があれば、バウムクーヘンは攻略したいものです。

 

おまけ:

市街地から少し離れた田園風景もまた美しかった。田んぼの中に池がたまにあります。
f:id:baroclinic:20180626073207j:image

 

自販機の佇まいが思いがけず爽やかだったので撮ってみました。
f:id:baroclinic:20180626073256j:image

 

ベタな鎌倉と背後の鎌倉 紫陽花散歩

週末は北鎌倉駅の改札すら出られないという話も聞いた紫陽花シーズンですが、平日なら大丈夫だと思ったんです。

2018年6月18日(金)、平日に休みを取れたので行ったのです。

 

甘かった。

 

改札は出られましたが、紫陽花で有名な明月院まで800mほどの道には行列が形成されかけていました。

 

なるほど、東京方面から来ても横浜からでも、藤沢や静岡方面から来ても、1日かけて鎌倉を巡るなら、午前10時くらいに北鎌倉からスタートしたいですよね。

 

行列にハマってもうた。

 

鎌倉検定3級を取り、平均的な観光客より少しは鎌倉を知っているという自信もついたワタクシが混雑にハマるとは・・・クッ

 

しかし北鎌倉で降りてしまったので予定変更もできず、明月院でございます。


f:id:baroclinic:20180609060242j:image

こんな感じ
f:id:baroclinic:20180609060315j:image

今年(本日?)のお地蔵様は淡いブルーでした。
f:id:baroclinic:20180609060431j:image

数年前に来たときはカラフルゴージャスだった気がしますが、気分もあるわよね(誰の)。

 

明月院は全く悪くない、どころか鎌倉を勉強したら敬意を持って拝むべき鎌倉幕府ゆかりのお寺ですが、私は勝手にトホホな気分になって、人混みからの脱出を誓います。

 

鶴岡八幡宮鎌倉駅方面へ向かわず、北鎌倉から住宅地〜ハイキングコースを辿って海へ向かってやる。

これが鎌倉検定3級の実力よ(違う)。
f:id:baroclinic:20180609061813j:image

 

人混みから道路を1本渡っただけで、人影ゼロの静寂があるのが鎌倉です。
f:id:baroclinic:20180609063141j:image

私だけの紫陽花・・・いや正確には近所の住民のだと思いますが、今見ているのは私1人よ。
f:id:baroclinic:20180609063420j:image

タチアオイもシーズンインです。
f:id:baroclinic:20180609063725j:image

人影まばらな道をてくてく
f:id:baroclinic:20180609064030j:image

両側に紫陽花が咲いている長い階段にも人影はありません。
f:id:baroclinic:20180609064234j:image

急に視界が開けて海が見えたり
f:id:baroclinic:20180609064321j:image

紫陽花の向こうにバンブー
f:id:baroclinic:20180609064442j:image

ただしハイキングコースには紫陽花はありませんでした。
f:id:baroclinic:20180609064550j:image

タイワンリスさんお久しぶりです。
f:id:baroclinic:20180609064800j:image

ハイキングコースを抜け再び一般道を南下します。
f:id:baroclinic:20180609064723j:image


f:id:baroclinic:20180609064922j:image

 

ちょっとまたベタな所に出ましたが、成就院から七里ヶ浜のショットです。
f:id:baroclinic:20180609065305j:image

どうも、数年前に比べて紫陽花の数が減りましたね。

理由は不明ですが、近くを歩いていたおばさま方もそうおっしゃっていました。

 

少し歩いて、御霊神社前の写真スポットです。

下の写真中央にある踏切が有名で、実は写真の右の紫陽花の向こうにカメラを構えた人がたくさんいます。
f:id:baroclinic:20180609070017j:image

私は江ノ電に乗らず歩きます。

長谷のお団子屋さんの紫陽花は、鎌倉らしいものでした。
f:id:baroclinic:20180609070408j:image

さらに住宅地を、今度は東へ歩きます。
f:id:baroclinic:20180609070448j:image

鶴岡八幡宮をスルーし、鎌倉宮で一休みです。

透明な桃紅茶おいしい。
f:id:baroclinic:20180609070801j:image

 

永福寺跡瑞泉寺の間に紫陽花ゾーンがあるのですね。
f:id:baroclinic:20180609071231j:image

こんな感じ


f:id:baroclinic:20180609071318j:image

道路より高い斜面の真ん中に生えているのですが、やたら種類が豊富なので、誰かが意図的にそうしたのでしょう。

・・・たまたま今テレビで放映していた「もしもツアーズ」によると、ゴミが散乱していた道に美化のために植えたそうです。

各種の紫陽花は各地からの寄付によるものだそうです。
f:id:baroclinic:20180609071444j:image

花の縁が丸まっているのは「おたふく」というのよ、と道行くおばさまの解説を聞きます。
f:id:baroclinic:20180609071512j:image

突然変異から増殖したらしいです。へえ。


f:id:baroclinic:20180609071538j:image

さて、永福寺跡まで来てしまったし、鎌倉駅は間違いなく混雑しているので、逗子へ抜けちゃいます。

浄明寺という、由緒あるお寺の名前を持つ高級そうな住所の住宅地を抜け、十二所へ。

さすが風情があります。

 

途中の久木大池公園付近の道路沿いに紫陽花あったよー。
f:id:baroclinic:20180609072417j:image

写真ではわかりにくいですが、道路沿いの紫陽花の左側は急斜面で、その底に池があるのですね。
f:id:baroclinic:20180609143058j:image

 

さて今回のお散歩グルメは、鎌倉市農協連即売所、通称レンバイの中にあるケーキ屋さんのシフォンケーキとフルーツケーキです。


f:id:baroclinic:20180609110145j:image

シフォンケーキ(プレーン)、柔らかくて弾力もあって、玉子の優しい匂いが口いっぱいに広がり、フヒョフォフォと声が出そうになります。

シフォン力が爆発してました。

 

フルーツケーキはラム酒の香りがきいてやや固めの大人の味で、シフォンケーキとのコントラストが面白かったです。

 

 

名所もあるけど、普通の住宅地でも静謐の中に紫陽花の風情があるのが鎌倉です。

と、脱初心者のようなことを言ってみたくて歩きました。

 

実際に心が穏やかになる景色に出会えて、個人的には満足しております。

 

寿司、ラーメン、川、城、梅 紀州散歩しました

2018年5月連休の話をします。

写真を撮っておいて、あとから記憶と照合して楽しむ方式です。

 

和歌山市、ラーメン屋のテーブルに何か置いてあるんですよ。

f:id:baroclinic:20180503215918j:plain

開けたら、お寿司でした。

f:id:baroclinic:20180503215951j:plain

「早寿司」!

f:id:baroclinic:20180503220446j:plain

知らなかったのですが、和歌山のラーメン屋では一般的なスタイルらしいです。

ラーメンを待つ間に食べるのです。

もちろんいただきます。

ほどよい酢加減としっかり鯖の風味、お菓子とさえ言えるおいしさです。

f:id:baroclinic:20180503220202j:plain

もちろんラーメンも、豚骨と魚系の醤油スープが美味しい。

 

さて翌朝のお散歩ランは、紀の川を愛でる経路を設定しました。

 

和歌山市紀の川の河口の南岸にあります。

f:id:baroclinic:20180504063816j:plain

雄大な川を渡って、別の橋から戻ってからの、

f:id:baroclinic:20180504064322j:plain

道の両側が川?地図でこんな地形を見つけたら走ってみたくなります。

わーい

f:id:baroclinic:20180504071357j:plain

 

朝食後は和歌山城に行っちゃうよ。

 

f:id:baroclinic:20180504104228j:plain

今でこそ鉄筋の復元天守があるだけですが、徳川御三家だった時代はそれはもう王国チックな城と城下町があったようです。

 

お城の下にある歴史館で復元CGの映像が見られます。

これを見るとお城を見る目も変わります。

 

そりゃあ殿様が来たら平伏したくなるわって感じの規模と美しさでした。

江戸の平和な時代の大きな国には、天守の美しさにこだわる殿様もいたことでしょう。

 

f:id:baroclinic:20180504110220j:plain

建屋は消失したけれど、石垣は残っているのでお庭を見ながら散策できます。

 

庭(現在)から石垣の高い段へ続く渡り廊下を歩けてしまうのも嬉しいところです。

f:id:baroclinic:20180504103430j:plain

天守や庭の眺望が楽しめる、江戸時代にはごく限られた人しか通れなかった廊下を、今では誰もが歩けます。

 

天守の近くには南高梅の木もあるでよ。

ほどよく梅の実もなっていました。

f:id:baroclinic:20180504111520j:plain

 

5月の晴天の下、お城の坂道を登り降りして一休みしたいときに、ちょうど良いお店があるではないですか。

f:id:baroclinic:20180504112601j:plain

やっぱ梅っしょ。

f:id:baroclinic:20180504112419j:plain

大粒で豊かな果肉、甘みと酸味と塩の加減、梅だけで1杯いただけてしまう存在感、そして冷たさと麺ののど越し、そりゃあ美味しくて家に帰ってからもマネするほどでした。

 

以上、記事の最初と最後に食べ物が配置されている、このブログには珍しいパターンでお送りしました。

 

 

横浜の紫陽花 保土ヶ谷公園〜三ツ沢〜滝の川そして反町まで

6月に入りましたが、あえて鎌倉ではなく横浜です。すみません。

 

6 月2日(土)は、保土ヶ谷公園からスタートです。

 

それほど派手に紫陽花が群生している訳ではありませんが、ぽつぽつあります。
f:id:baroclinic:20180603091226j:image

 

みてみて、ちょっと変わった花弁
f:id:baroclinic:20180603091304j:image

 

これも珍しくない?
f:id:baroclinic:20180603091357j:image

それほど派手ではないのでほとんど人もいませんが、そのおかげで自分のペースで眺めることができます。
f:id:baroclinic:20180603091711j:image

 

からの、丘を下って帷子川を越え、えげつない坂を登って三ツ沢公園へ。

 

三ツ沢公園自体には大した紫陽花はありませんでしたが、
f:id:baroclinic:20180603091800j:image

 

三ツ沢公園の北に位置する豊顕寺(ふげんじ)の紫陽花にはポテンシャルがありました。

 


f:id:baroclinic:20180603091917j:image

豊顕寺の裏手にある市民の森、紫陽花はまだ開花していない株が多く、人影は全くありませんでした。
f:id:baroclinic:20180603092314j:image

来週か再来週が見頃かな?

 

そこから北西にある、滝ノ川あじさいロードへ。

 


f:id:baroclinic:20180603092631j:image

紫陽花、小径に沿ってけっこう続くよ。


f:id:baroclinic:20180603092733j:image

どんどん、2,3kmぐらいかな。
f:id:baroclinic:20180603092828j:image

終点の周りには何もないので、来た道を戻ります。
f:id:baroclinic:20180603093224j:image

 

豊顕寺まで戻ったら、今度は海の方角へ向かって三ツ沢せせらぎ緑道を辿ります。

紫陽花と瓦とアンテナ・・・好き・・

f:id:baroclinic:20180603093603j:image

 

ネッコ。三毛?キジ?トラ?猫であることは間違いないのだけれど、ちょっと珍しい毛色ミックスかも。
f:id:baroclinic:20180603093709j:image

せせらぎ緑道の横には急斜面があるのですが、水が削ってできたのですね。
f:id:baroclinic:20180603094227j:image

パラパラと紫陽花の株が点在しています。
f:id:baroclinic:20180603094432j:image

黒ネッコ
f:id:baroclinic:20180603094601j:image

反町駅付近まで来たら、東横フラワー緑道を少し北上し、東白楽駅の手前の公園で「滝の川せせらぎ緑道」を南下します。

 


f:id:baroclinic:20180603095132j:image

 

そういえば、豊顕寺の北西にある「滝ノ川あじさいロード」と反町付近の「滝の川せせらぎ緑道」は、3kmぐらい離れているのに名前が似ていて紛らわしいですね。

 

その間にある「三ツ沢せせらぎ緑道」も、実はタキノ川で、つながっているということなのでしょうか。

 

今や横浜の住宅街や道路に、真実も埋もれてしまいました・・・なんて、調べたら分かるのかもしれません。

 

あら、エレガントな色と形の紫陽花。
f:id:baroclinic:20180603095110j:image

 

この日は反町公園がとりあえずの目標地点としましたが、紫陽花は皆無でした。てへ
f:id:baroclinic:20180603101124j:image

 

再び反町駅へ戻り、東横線の上を辿る緑道を通って横浜駅まで歩きます。

私の好きな風景、歩行者専用トンネルの上に家の坂があるやつ。
f:id:baroclinic:20180603101400j:image

今日もおつかれ自分。
f:id:baroclinic:20180603101654j:image

 

さて本日のお散歩グルメは、保土ヶ谷公園と三ツ沢公園の間を流れ、えげつない坂を作ったと思われる帷子川の、ほとりにあるスーパー「いなげや」にてゲットした品です。

 

蒸し鶏と野菜の冷菜シリーズは、タンパク質と野菜が摂れるうえにカロリー低くて、前菜にピッタリよ。

冷たい日本酒でいただいちゃう。
f:id:baroclinic:20180603101924j:image

 

あと、りんご半分デニッシュが160円でお得だと思うの。
f:id:baroclinic:20180603102230j:image

 

いよいよ陽射しが強く、暑くなってきましたね。ご自愛くださいませ。