読むめし

口で咀嚼するたけでは足りず、観念でも食べ物を愛でようとする人間

横浜 三渓園で5月の緑をば

空気が爽やかだったので、5月20日(日)は三渓園を歩いてきました。

 

三渓園横浜市本牧にある広い日本庭園で、日本の伝統的な建築物が多く配置されているのが特徴です。
f:id:baroclinic:20180522041026j:image

明治の末から大正時代に貿易で財を成した原三溪という人が、この場所に庭園を作ったのだそうです。

入園料は700円・・・そんなにしましたっけ。でも来ちゃったから払うわ。テヘ


f:id:baroclinic:20180522041906j:image

池にかかる橋から見た臨春閣。

この建物は元は1649年に和歌山の紀ノ川沿いに建てられた、紀州徳川家の別荘だったらしいです。

あと八代将軍吉宗もこの建物で遊んだとか。

既に暴れん坊だったのでしょうか。
f:id:baroclinic:20180522042501j:image

今では窓からの緑も美しい、静かな佇まいです。
f:id:baroclinic:20180522042646j:image

建物の裏手に回ると、アゲハが花の蜜を吸っていました。


f:id:baroclinic:20180522042828j:image

新緑の庭園をゆるく散歩いいわー。

f:id:baroclinic:20180522043110j:image

緑の中へ張り出した縁側でお茶を飲みたい、といった想像が掻き立てられます。

こちらは月華殿といって、伏見城にあった大名控えの建物だったらしいです。


f:id:baroclinic:20180522043538j:image

新緑の中の日本建築を眺めるだけで喉が潤う気がします。

上の写真は聴秋閣かな。


f:id:baroclinic:20180522043809j:image

こちらは半分チラッとした三重塔。

最初に建ったのは1457年とか。木津川の廃寺にあったものを1914年に移設。

三渓園の正門を入ってすぐ大池の向こうに見える丘の上の塔(この記事の最初の写真)はシンボリックです。

 
f:id:baroclinic:20180522044431j:image

白川郷から来た合掌造りもあるでよ。

江戸中期に建てられたようですが、昭和の時代にダムに沈んでしまうところで三渓園に寄贈されました。

中に入ることができ、囲炉裏にくべた薪のパチパチいう生音を久しぶりに聞きました。

 

f:id:baroclinic:20180522045510j:image

他にお寺や神社まで移設してるんですよね。

さすがにお寺や神社はそれぞれ事情があって寄贈されたようですが、

三渓園は日本建築のテーマパークや!

と、やっと気付いたのでした(おそ)。

 
f:id:baroclinic:20180522065844j:image

建物がたくさんあるのにそれぞれが干渉せず、緑の谷や丘にそれぞれの世界を作っているようです。

 
f:id:baroclinic:20180522070004j:image

不意に、自分が住んでいる所も旅行先もどの場所も、たくさんの時代の痕跡が同時に同時に存在しているのだという思いに至りました。

 

さて、園内にも茶屋がいくつかあり、だんごなどそれっぽいものをいただけるのですが、この日は門を出てしばらく歩いた交差点にあるパン屋さんに寄ってみました。


f:id:baroclinic:20180522070554j:image

チョコがけクロワッサンが40円なのよ。


f:id:baroclinic:20180522070629j:image

果肉入りアップルパイ170円。甘さひかえめで食べやすい。

 

日本建築の話をしてきたのに最後でパンとかすみません。

 

時代は、住んでいる場所でもブログの中でも錯綜しているのです。

能登半島の先で贅沢自炊とトレイル散歩

2018年GW、能登半島の先へ行ったときの報告をいたします。

 

とりあえず、端っこを見てみたかった。

 

能登半島の北端に、トレイルがあったのです。
f:id:baroclinic:20180516074659j:image

写真の立札の情報から、椿展望台(2.0km)より禄鋼崎灯台(6.0km)まで、全長8kmとなります。

 

事前にはこの存在を知らず、ふらりと歩いて「ん?何かあるぞ?」となり、あれ?入口はどこどこ?と公道やキャンプ場との接点で迷って、上の立札で言うと椿展望台とシャク崎の往復だけで時間切れだったのですが、

「絶景とはこのことか!」

という風景を見ることができました。

 

トレイルから海の方へ脇道が出ており、数m行ってみたら、


f:id:baroclinic:20180516075902j:image

んん?あの岩の先には海しかないのでは?


f:id:baroclinic:20180516081728j:image

f:id:baroclinic:20180516080103j:image

いきなり断崖!

という、道の先が断崖、手すり無し、1人しか立つことができない、ワイルドな場所に行けました。

こういうの好きです。

 

海岸線にほぼ沿って少し山側には県道が走っているのですが、トレイルは海に近く、おいしい景色をいただけます。 

 
f:id:baroclinic:20180516081516j:image

海が見えない場所でも5月の爽やかな潮風が吹き、少しファンタジーな視界です。


f:id:baroclinic:20180516082611j:image

f:id:baroclinic:20180501074246j:plain

海辺のこんな景色はたまにあるよね。
f:id:baroclinic:20180518125940j:image

海風に吹かれながらの休憩所

f:id:baroclinic:20180501073433j:plain

さて、宿泊したのは半島の北の先のほうの、木ノ浦という所でした。

 

木ノ浦ビレッジという施設は、洗練されたバンガローというのでしょうか、宿泊者は自炊するのですが、電気もガスも通っているし、テレビも見らるし、お風呂もあります。

ロッジという言い方が近いのでしょうかね。コテージ?

f:id:baroclinic:20180430183414j:plain

お風呂から北の果の海が見えるのよ。さすがに温泉ではないけど。

f:id:baroclinic:20180430182518j:plain

セレブなキャンプ・・・とも最早言わない豪華さで恐縮しました。

f:id:baroclinic:20180430182332j:plain

冷蔵庫、電子レンジ、トースター、そしてシンクも完備です。

恐縮です。

 

まあ、そんなに本格的な自炊はしないだろうということで、軽くいただいたのが、珠洲市の市街地のスーパーで買ったお刺身と

f:id:baroclinic:20180430200155j:plain

トースターでパンを焼いて、具材を乗せてみた。

ブルスケッタというのでしょうか、カナッペというのでしょうか。

f:id:baroclinic:20180430195736j:plain

氷見の道の駅で買ったサバの燻製と、スーパーで買った酒粕漬けチーズをミックスしたペーストが美味しかったです。

このミックスだけで合計1000円くらいになっていますが、この際こういうところで食べるのです。

f:id:baroclinic:20180430195829j:plain

スモーク風味と熟成酒粕、塩味と甘みが混ざり合い、ワインが進みます。

 

自炊なのだけどゴージャスでしたし、絶景のトレイルを歩きましたし、贅沢な2018年の連休でした。

 

薔薇攻め @横浜イングリッシュガーデン

2日連続で薔薇の写真を失礼します。

 

この時期じゃないと見られないので、5月12日の土曜日に、山下公園やら港の見える丘公園やら、こちらの横浜イングリッシュガーデンも一気に回ったのでした。


f:id:baroclinic:20180513154618j:image

2018年5月12日土曜日は、連休後最初の週末であり母の日の前日であり、さらに翌日の日曜日は雨の予報が出ていましたので、近隣の方々が殺到した日ではないかと思います。

 
f:id:baroclinic:20180513154340j:image

入場料1000円ですが、満員御礼と言ってよい人の入りでした。

尚、入場料は年間で時期によって変動します。1000円はMAXで、500円がMINです。

 
f:id:baroclinic:20180513154412j:image

この「横浜イングリッシュガーデン」ですが、それほど観光地としての知名度はありません。


f:id:baroclinic:20180513154509j:image

というのも、ここはいわゆる横浜らしい「異人さん」エリアではなく、横浜駅から相鉄線で1駅の平沼橋駅、からさらに徒歩10分のtvkハウジングプラザ、の奥にある有料の施設だからと思われます。
f:id:baroclinic:20180513155550j:image

しかし、薔薇の季節の週末はかなりの人出でした。
f:id:baroclinic:20180513154545j:image

人物を入れずに写真を撮るのはなかなか難しいので、いつにも増してヘタクソな写真になっている事情を汲んでいただけますと幸いです。
f:id:baroclinic:20180513154750j:image

このガーデンの良いところは、花壇ではなく藪のように薔薇が生えているところと、薔薇に名称の立て札が付いているところです。

 
f:id:baroclinic:20180513155510j:image

まあ、薔薇の種類は現在2万とも3万とも言われており、名前を覚えたところで役に立つ見込みは低いのですが、言葉とともに花を鑑賞するという意味で味わいがあるのではないでしょうか。

 
f:id:baroclinic:20180513154929j:image


f:id:baroclinic:20180513154946j:image

 


f:id:baroclinic:20180513155032j:image


f:id:baroclinic:20180513155045j:image

 


f:id:baroclinic:20180513155138j:image

 
f:id:baroclinic:20180513155226j:image

この場所は元々海とつながった沼沢地で、江戸時代後期に新田として干拓された場所のようです。

三ツ沢・浅間台の丘陵地と、野毛山に挟まれた帷子川が海へ注ぐ場所で、その出口付近に横浜駅が位置します。

 

ちなみに、野毛山を隔てた南側には、みんな大好き(?)伊勢佐木町大岡川に沿って、こちらも干拓された訳です。

 

後世にこんな賑わいになるなんて、干拓した人々も想像しなかったことでしょう。

 
f:id:baroclinic:20180513155810j:image

さて、お散歩グルメコーナー(?)は、場内で一応薔薇ソフトとか薔薇ロールケーキはあったようなのですが、行列が長かったのであきらめました。

 
f:id:baroclinic:20180513210736j:image

その代わりに、ハウジングプラザ出口から徒歩2分ほどにあるサミットストアのお肉を紹介します。

このサミットの店内で調理されるらしいお肉惣菜は、いろいろ美味しいのです。

 

ヤゲン軟骨焼きは、プルプルのお肉付きです。
f:id:baroclinic:20180513155826j:image

 

砂肝焼きは、ガーリックとペッパーの風味が香ばしく、ビールが進みます。
f:id:baroclinic:20180513155843j:image

そしてエースは焼豚です。脂の柔らかさと甘みがたまりません。
f:id:baroclinic:20180513155900j:image

 

薔薇の世界観とはだいぶ離れた宴会(一人)になってしまいましたが、えー、宅飲みビールおいしかったです。

 

 

横浜の5月は薔薇

連休旅の話はまだ残っているのですが、横浜に帰ってきたら、今書くべきなのは薔薇でございます。

 

主に「異人さん」たちのエリアに咲いている薔薇を巡ってきました。

 

まずは、外交官の家です。

JR根岸線石川町駅裏手というか山側の坂を登った所にあります。

 

ランドマークタワーの見える中庭
f:id:baroclinic:20180512190857j:image

 

 裏庭というか斜面に薔薇が咲いています。
f:id:baroclinic:20180512191032j:image


f:id:baroclinic:20180512191104j:image

 

そこから元町商店街の裏通りを歩き、アメリカ山公園へ。

 

ここは、みなとみらい線元町・中華街駅からエレベーターで来られるようなんですね。

民間団体が管理しているけど、出入りは無料でベンチや芝生に座れる、都市セレブでなかなか不思議な空間です。


f:id:baroclinic:20180512191648j:image

ここの「はまみらい」という薔薇は、甘く香り高く、貴婦人のデザートのような香りでした。

 

「ビューティフルーティ」という言葉が浮かんだのですが、つまり「ビューティ」+「フルーティ」の合成なのですが、そのものズバリの検索結果が無かったのでここに書いておきます。

 

からの、横浜地方気象台
f:id:baroclinic:20180512193616j:image

 

山手資料館にも薔薇があります。
f:id:baroclinic:20180512193657j:image

 

そして、港の見える丘公園でございます。
f:id:baroclinic:20180512193900j:image

薔薇ごしのベイブリッジいぇーい
f:id:baroclinic:20180512194032j:image

花のトンネル
f:id:baroclinic:20180512194127j:image

 

花のアーチ
f:id:baroclinic:20180512194159j:image

アーチ
f:id:baroclinic:20180512194236j:image

薔薇が怒涛で攻めてきて、逆に海を見て一息つくぐらいの圧巻でした。

 

しかしこれだけでは終わりません。

歩くこと数分、山下公園にも薔薇の園が出現しています。
f:id:baroclinic:20180512195302j:image

 

ホテルニューグランド、どうでもいいけどうちの両親が新婚旅行で宿泊したそうです。
f:id:baroclinic:20180512195451j:image

 

薔薇ごしのランドマークタワー
f:id:baroclinic:20180512195603j:image

 

白薔薇の海を泳ぐような氷川丸
f:id:baroclinic:20180512195525j:image

 

薔薇ごしのマリンタワー
f:id:baroclinic:20180512195922j:image

 

これらが一気に見られるのが山下公園の恐ろしいところです。

 
f:id:baroclinic:20180513030908j:image

結婚式場かよと突っ込みたくなるほど絢爛なバラの園です。

 

すごいぞ横浜。

てか、安くないと言われる税金を払っているのでがんばってください。

 

さて本日のお土産は、明治21年創業、元町の奥にあるウチキパンです。


f:id:baroclinic:20180512201451j:image

きのこのパイ?

見た目はピザですが、生地は明らかにパイでした。ピザとは違うのだよ。

 

チーズの味が濃く、きのこと人参の食感と彩りが充実感を与えます。

もちろんビールにもワインにも合います。


f:id:baroclinic:20180512201803j:image

チョコデニッシュは、上にかかっているナッツ+チョコと、中身のチョコクリームで濃いチョコのハーモニーがありました。

 

なんだかんだで今日は23km歩いていましたが、薔薇の回りをうろうろし過ぎたのだと思います。

横浜おそるべし。

 

氷見の番屋の道の駅から

氷見の道の駅がかなりの規模でした。

 

「道の駅 氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」という名称からして、食べさせる気が全面に出ており、上手いネーミングです。

 

しかしGoogle Mapでこの名称を見たときでさえ、ここまでの規模とは思いませんでした。

 

言わば、道の駅の複合体です。

himi-banya.jp

飲食店ゾーンあり、土産屋ゾーンあり、土産屋ゾーンはさらに鮮魚エリア、干物エリア、野菜、菓子、物販などに分かれています。

 

フードコートまであり、地物のカレーやラーメンも食べられるほか、土産屋ゾーンで売られているコロッケやソフトクリームもいただけます。

 

建屋の外にもテーブルがあるし屋台的な店も出ていますし。

 

足湯もありますし。

 

道路を渡ると海に面した広場があり、展望台付きですし。

 

早速いただいたのはこちら、とろろ昆布おにぎりです。
f:id:baroclinic:20180509073024j:image

施設の規模に驚いた割には地味な物ですみません。

 

しかしこれ、口に入れると海の匂いが膨らんで予想以上にぬめり、これが昆布というものだったかと再認識できる一品です。

 

真ん中には梅ペーストが入っていて、昆布との相性も良い訳です。

 

あと、屋台の豚汁が具材たっぷりで美味しかったです。
f:id:baroclinic:20180509113014j:image

名物かどうかは知らず、ただ作っているところが美味しそうだったので食べてみたのですが、味噌は白めの甘めで、サツマイモまで入り、これとおにぎりで1食分になりそうです。

 

まあお寿司とコロッケも食べちゃいましたけどね。

 

f:id:baroclinic:20180430104154j:plain

海沿いの広場の展望台からは、万葉の昔から噂の絶景が見られます。

 

海の上に立つ雪山の壁。立山連峰です。
f:id:baroclinic:20180509113059j:image

この日はわずかに靄っていたのか、眩しい日差しの向こうに山が薄く見えるくらいでしたが、とにかく晴れて良かったです。

 

 ---ここからは蛇足---

 

まだ京都に都すら無かった万葉の頃に、この景色を見たくて歌人が奈良から来たの?すごーい!

 

と思っていたのですが、帰ってから調べたら、大伴家持(おおとものやかもち)さんという万葉集選者かつ歌人、かつ貴族で官僚で武人は、地方の管理をする役目でこの辺に赴任して5年ほどいたのですね。

 

ネットで調べたところ、大伴家持さんの人生が激しかったのでここにまとめます。Wikipediaその他より。

大伴家持 - Wikipedia

 

西暦716年頃生まれる(正確な生年不詳)

幼少期は父親の転勤で?太宰府

730年 帰京

746年 越中守として任地へ

751年 帰京

758年 因幡守として任地へ

762年 帰京

764年 薩摩守として任地へ

767年 太宰府で少弐という役職に

770年 帰京?以降着実に昇進する

782年 乱への関与を疑われ解官される

782年 しかし復活する

784年 蝦夷征討の責任者となる

785年 陸奥国

786年 死去。場所は陸奥か近畿か不明

ところが死去した直後に藤原種次暗殺事件があり、関与が疑われて埋葬を許されず、官籍除名。

806年 没後20年してから恩赦によって官位復活。

 

なんじゃこりゃあ

 

和歌を詠んでいる場合じゃないのでは。

 

ちなみに、地方への赴任と帰京の繰り返しも、絶えざる陰謀と暗殺と遷都の影響であり、巻き込まれたというよりは中心に近かったこともあるのでは、みたいな。

 

極めつけの786年藤原種次暗殺事件なんか、若かりし頃の最澄(当時20歳くらい)と空海(当時12歳くらい)にも間接的に影響があったと思われるほど日本史上の大きな暗殺事件です。

 

あと、上記の簡易年表の「帰京」の「京」は、平城京長岡京、あと細かく何かあったかもしれない絶えざる陰謀と遷都の歴史の中で、だいたい近畿地方だったぐらいの意味となります。

 

父親の名前は大伴旅人、弟は大伴書伴って、ほとんどマンガみたいですが、家持が幼少の頃に父親に連れられて大宰府に行ったときに、父親と山上憶良らが筑紫歌壇を形成し、これが後に万葉集で防人歌(さきもりのうた)を収録することにつながって行ったと想像できます。

 

身分の低い者は「よみ人知らず」として収録されることの多い万葉集の中で、家持は防人たちの名前を載せ、自らも詠みました。

 

先ほど「歌を詠んでいる場合じゃない」と書きましたが、歌でこそ伝えたかった何かを終生持ち続けていたのかもしれません。

 

もしも大伴家持大河ドラマをやったら、ロケ地が異常に多くなって、あちこちの事件とエモーションが目まぐるしいことになるでしょう。

 

高岡や氷見など富山の美味しい海の幸はもうしばらく現地で食べる機会が無いのだろうけど、帰宅してから思いを巡らせたら、こんな広がりになりました。