読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むめし

口で咀嚼するたけでは足りず、観念でも食べ物を愛でようとする人間

今半のすき焼き弁当を頂いてしまったのよ

思いもかけない所からゴージャスなやつが舞い込んできました。

 
今半のすき焼き折詰弁当を、勤務先からいただきました。
偉い人を迎えての会議室ランチで、1名欠席が出たようでした。
 
別に私にくれた訳ではないのですが、周辺で
「食べ物ならねぎさんでしょ」
と囁かれていて、
「え?何か知らないけど他の人が食べられないならもらっちゃうよ?」
で、開けてびっくりという訳です。
 
キュービックで煌びやかな箱にお弁当が入っているなんて、遠目には分かりませんでした。
f:id:baroclinic:20170117204003j:image
 

金色の紐を外すと説明が入っていました。

 
f:id:baroclinic:20170117204311j:image
 
ご飯の段に、カニとウニとイクラ乗ってる。
ゴマに梅干ではないんです。
メインの海産物の他に、黒豆や蕪の漬物なども上品なお味で乗っていらっしゃいます。
これだけで既に一食ぶん800円ぐらいで完結できそうです。
 
f:id:baroclinic:20170117205352j:image
 
中段は主役のすき焼きが全面的に支配しています。
黒毛和牛、しらたき、ねぎ、椎茸、豆腐と人参といったスタンダードな顔ぶれが、しっかり甘辛な味で程よく重なり合っています。
 
黒毛和牛、そりゃあ文句なしの牛です。
柔らかくて、スジや脂の固まった部分は無く、臭みもなくて存分に牛の風味がします。
同じ段に入っている温泉卵がこれまた絶妙な固さで、カラザもなく生茹でエリアもなく、隅まで安心して舐められます。
何より、卵の風味が濃くて、しらたきにも豆腐にも肉にも絡んでくれる充実感、これがすき焼き弁当の醍醐味です。
 
f:id:baroclinic:20170117211037j:image
 
上段なんかもうエグゼクティブのパーティールーム状態です。
 
おカシラ付きの海老天の、衣にウニが混ざっているんですって。
ゴージャス姉妹が毛皮を纏って夜会にご到着といったところでしょうか。
 
ローストビーフ軍艦も同じルームにいらっしゃいます。
すき焼きの和牛があるにもかかわらず、ウニカニご飯があるにもかかわらず、ダメ押しの肉と米で攻めます。
 
あん肝ポン酢もソファに鎮座しています。爽やかなレモンの座布団付きです。
 
鰆の西京焼きは、ほどよく柔らかくて、お上品かと思いきや味はしっかり目で、味噌の甘みと芳醇な風味が膨らみます。
 
などなど、まだあるけれど書き切れません。
 
アタクシお行儀が悪いのですが、食べながらネットで値段を調べちゃいましたよね。
2,500円でした。イェイ
 
この内容にしてはお得だと思います。
 
家でまったり、盃をちびちび傾けながらゴージャスなジャパネスクの夢にたゆたう時間もアリです。
 
でも会議室ではもったいないなあ。