読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むめし

口で咀嚼するたけでは足りず、観念でも食べ物を愛でようとする人間

シリーズの途中ですが、紫陽花の写真をば

散歩
6月5日(日)に関東地方も梅雨入りしましたね。
分かりやすく紫陽花が咲いています。

5月上旬の連休の旅を思い出しつつ、かなりゆっくりGWの旅シリーズを更新している最近の当ブログですが、紫陽花が咲いてしまったのでこの週末の写真を載せておきます。

6月4日(土)、関東地方の梅雨入り前日の晴れた午前中は、砧公園から野川へ下り、そこから川をさかのぼりました。

f:id:baroclinic:20160606223637j:image
陽光に透きとおる紫陽花を撮りたかった。

f:id:baroclinic:20160606223913j:image
夏らしい翳と

f:id:baroclinic:20160606223952j:image
珠のような花か何かと

f:id:baroclinic:20160606224350j:image
ビターテイストな路地の宝石と。

f:id:baroclinic:20160606224617j:image
優しい紫

うーん正直、写真的にはもう一歩なのですが、初夏の小川沿いは足を止めたときの風が気持ち良かったです。
f:id:baroclinic:20160608060618j:image

f:id:baroclinic:20160608060640j:image

f:id:baroclinic:20160608060719j:image

f:id:baroclinic:20160608213621j:image

紫陽花は梅雨時の涼ですよね。
いかにも涼しげな色と構造です。
これが暑苦しい花だったらどうでしょう。

暑苦しい花とは何だろうと考えたのですが、なんかこう、モコモコしてるやつとか。

f:id:baroclinic:20160608214256j:image
逆に考えると、梅雨時に涼しげに咲いている花を残したのは、もしかしたら人間か、何らかの生物なのかもしれません。
f:id:baroclinic:20160608214515j:image
そんなことを考えながら、川沿いをテレテレと走ったり歩いたり止まったりです。
f:id:baroclinic:20160608215008j:image

f:id:baroclinic:20160608215236j:image

野川の旅、この日は中央線の東小金井から帰投することに決めました。

ふと、駅ビルのSunmerry'sというパン屋さんに入ったら、興奮してパンを4つ買ってしまいました。

写真を撮らないうちに食べてしまったのですが、エビトマトクリームとモッツァレラのカルツォーネは、たった200円で堪能できました。
カルツォーネは餃子が巨大化したようなイタリアのパンですが、中にエビトマトクリームなんか入っていたら、タプタプして齧ると溢れてくるじゃないですか。

ブラン入りロールパンは、80円なのに重量感と甘みがあり、そのままでも、ジャムやチーズと合わせても美味しいです。

それから、チョコのカップケーキみたいなやつ、
f:id:baroclinic:20160609071452j:image
見た目通りの濃厚さで200円かな。厚いチョコの層の下はチョコのケーキです。

f:id:baroclinic:20160609071626j:image
それからアップパイ、ありがたいことにハーフサイズが140円で食べられちゃいます。

Sunmerry'sは、埼玉を中心に東京北部・西部に展開する街のパン屋さんですが、もし近くにあったらヤバいっす。

って、途中からパンに熱くなってしまいましたが、そんな散歩でした。
f:id:baroclinic:20160609072215j:image

ちなみに野川は別に紫陽花の名所という訳ではなく、住宅街を通る川の横にぽつぽつ普通に咲いているだけです。
そんな野川の普通さが好きで、たまに走ったり歩いたりします。