読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むめし

口で咀嚼するたけでは足りず、観念でも食べ物を愛でようとする人間

坂の街の猫を撮り放題

写真
瀬戸内海の、とある街です。

f:id:baroclinic:20160505125052j:image
いきなりネコ3匹コンボいただきました。
屋根と塀の上に乗っていますね。

f:id:baroclinic:20160505125232j:image
こちらは可愛らしい見返り美ネコです。
坂道の塀の踊り場のようなところに乗っています。

f:id:baroclinic:20160505125514j:image
狭い路地でこちらを見るネコ。

f:id:baroclinic:20160509054914j:image
石段で丸まるネコ。

f:id:baroclinic:20160505131436j:image
カフェのアイドル的ネコは赤い首輪を付けていました。

f:id:baroclinic:20160505131627j:image
ちょいと街中に降りてきたら、ハートに近いブチの美ネコに会えました。

分かった方もいるかもしれませんが、ここは尾道です。
f:id:baroclinic:20160506164531j:image

思ったよりも坂道がてんこ盛りで、ナチュラルに生活している人々がいました。
f:id:baroclinic:20160509063231j:image
斜面から空を掴むようなアンテナをついつい撮ってしまいます。
f:id:baroclinic:20160509061713j:image

そして、ややアングラで局地的なアートが点在するような街でもありました。
f:id:baroclinic:20160509061630j:image
チェーンの居酒屋が少なくて、小さなバーが商店街の周りにぽつぽつあります。
尚、商店街は坂を下りた海沿いに伸びていて、居酒屋ゾーンもそれに沿った形になります。


f:id:baroclinic:20160508154426j:image
坂ゾーンは家とお寺の世界でした。
f:id:baroclinic:20160509061840j:image

・・・石段と家の路地の写真がなかなか上手く撮れません。坂の感じが出ないんですよね。今後の課題です。

f:id:baroclinic:20160508162429j:image

この日は曇りだったということもあったのか・・・いや関係ないか。

f:id:baroclinic:20160508162640j:image

ネコの足あとが付いてしまったコンクリートの階段、かわいい。
f:id:baroclinic:20160509054223j:image

坂の途中の空間に溜まり場がありました。若い人が古い空家に住んだり集ったりするムーブメントがあるそうです。

f:id:baroclinic:20160509054524j:image
見上げた空に花。

ところで、ソフトクリームは瀬戸内地方ということで、柑橘系が多いです。
写真は、なんだっけ、夏みかんと夏じゃないみかん?
柑橘系の名称が細分化されていて覚え切れませんでした。

f:id:baroclinic:20160509054500j:image
展望台のカフェの2色ソフトパフェ、瀬戸内の海を背景に写真的には良かったのですが、味的には昭和の駄菓子屋のアイスに近く、期待はずれでした。
展望台の中ではなく、外側のお店のが美味しいらしいです。。
f:id:baroclinic:20160509060621j:image
写真的に雰囲気は良いものが撮れるのですが、メニューと味は昭和でした。

f:id:baroclinic:20160509055433j:image
お墓も坂の斜面に密集していて、変な話かもしれませんが尾道っぽいです。

f:id:baroclinic:20160509060257j:image
曇り空からの朝焼けと海と島と入江など。
海を望めるお墓っていいですよね?

そうそう、尾道ラーメン食べましたよ。
f:id:baroclinic:20160509062104j:image
なるほど魚介ダシに背脂入りです。
背脂が香ばしくて美味しかったです。
具材はチャーシュー、青ネギとシナチクで、至ってシンプルです。

と、いつも以上に散漫に綴った尾道の旅でした。