読むめし

口で咀嚼するたけでは足りず、観念でも食べ物を愛でようとする人間

外食

食べ放題の宴だけれども

今日は派遣先の、会社全体での送別会兼忘年会でした。 披露宴みたいなアレだ、丸いテーブルを8人くらいで囲んで、食べ物は宴会ルームの横に並ぶ銀色のトレーから好きなだけ取るやつだ。 宴の終わり そりゃあテンション上がって行きましたけれども、新しい会…

チャーシュー麺のチャーシューは多すぎる

行列に並んでやっとありついたので、勢い余ってチャーシュー麺にしてしまう。 分かっていたはずなのに、また脂の海で溺れそうになりやや後悔する。 たまそんなことがあります。 チャーシュー麺のチャーシューは多すぎると思いませんか? かと言ってノーマル…

芯から暖まる、赤の他人の料理

あんまり目に見えないものや触れないもののありがたさについて語りたくはないのですが、たまに熱のこもった料理に出くわすことがあります。 体内に取り込むと、そのものが持つ熱量以上に暖かさを感じるもの - 実家で飲むオフクロの味噌汁なんかはそうかもし…