読むめし

口で咀嚼するたけでは足りず、観念でも食べ物を愛でようとする人間

群馬県太田市の金山城から栃木県足利市の鑁阿寺まで歩いてみた 後編(完)

これまで2回にわたり、太田市から足利市への道のりをお送りしてきました。 baroclinic.hatenablog.com baroclinic.hatenablog.com さて、新田氏と足利氏はどちらも源氏で、元を辿ると祖先は兄弟なのですね。 平安時代に彼らはこの北関東の隣合う荘園を管理す…

群馬県太田市の金山城から栃木県足利市の鑁阿寺まで歩いてみた 中編

前回、太田市の金山城を訪ねて下山したところまで書きました。 baroclinic.hatenablog.com 今回はその足で足利へ向かいます。 いやー、当初は金山城訪問で時間と体力を10%ずつ使用するはずでした。 しかし実際には時間35%、体力を70%を使ってからの旅になり…

群馬県太田市の金山城から栃木県足利市の鑁阿寺まで歩いてみた 前編

仕事で太田市周辺へ出張になりまして、チャンスとばかりに猛然と地図を見たところ、近くに足利市がありました。 これは2都攻略だなと意気込んだのですが、現実は甘くありませんでした。 まず、午前中早々に仕事を切り上げる想定でしたが、いろいろ予期せぬこ…

横浜・野毛山から伊勢佐木町ベタに食べ歩き

1ヶ月ぶりのブログ更新となってしまいました。 ブログ開始以来最長の空白かもしれません。 5月、書きたい話は10個ぐらいあったのに、出力するパワーが足りませんでした。 そこら辺はあきらめずにゆるゆる振り返りながら書こうと思っております。 今回は、い…

平成最後の真鶴(まなづる)散歩、海と山と住宅と

公開が平成に間に合いませんでしたが、2019年4月28日、湯河原駅から徒歩で隣の真鶴駅へ、さらにそこから真鶴半島を1周した様子をお伝えします。 前回の記事の湯河原散歩と同じ日で、続きっちゃ続きですが記事としては独立しています。 犬が枝を拾ってきてご…

湯河原で平成最後の散歩三昧

元号変わって令和になってしまいましたが、少しだけ戻って平成の話をします。 2019年4月28日(日)晴れ、横浜から東海道線に乗って1時間ちょっとで湯河原へ行って参りました。 湯河原駅のロータリーには土肥実平とその妻の銅像があります。 もともと湯河原付近…

神奈川県大和市 引地川の桜を見に行ったらパンを食べて図書館に寄っていた

引地川の千本桜の桜並木、遅くなったけど見に行ってみるかなとこの週末に向かったのが大和市です。 大和駅は、横浜駅から相鉄線で海老名へ向かうと、海老名の手前にあるイメージです。 南北に流れる引地川に並行するように小田急江ノ島線も通っています。 毎…

埼玉の草、おいしい

前代未聞の埼玉Disり映画『翔んで埼玉』は、東京都に虐げられた埼玉県民が平等な人権を勝ち取るべく戦う物語です。 序盤のセリフ「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」は全国に轟きました。 さて現在の埼玉は一体どういうことになっているのかと…

横浜で桜の直前の花々を貼る日記

昔は押し花なんてのがあって、摘んだ花を愛でたりしたものです。あ、今でもありますね。 ところが最近、ブログなんてものがあって、デジカメなんてものがあって、ちょっと気に入った色あいや佇まいの記録をペタペタと貼り付けることができるのです。 なんて…

袋ラーメン 塩味 食べ比べ

3月に入りまして、三寒四温というのでしょうか、いずれ春が進んでいる感触のある今日このごろでございます。 塩で行きましょう。 「若者の袋ラーメン離れ」と言われているらしいのですが、買って食べてみたらけっこう美味しくて便利です。 カップラーメンと…

犬山城と城下町はインスタの構えで

名古屋駅から北のほう、岐阜方面へ向かうと木曽川が東西に流れていて、それが県境になっています。 その木曽川のほとりの愛知県側にあるのが犬山市です。 名古屋から北にあり、岐阜市へ直接向かうルートからも外れるため、関東に住んでいたらわざわざ行く機…

梅味ポテチ 食べくらべ 2019

近ごろ、梅味ポテトチップスの新発売が目に付いたので、食べ比べてみました。 写真左からいきます。 ⚫湖池屋STRONGシリーズ やや厚切りギザギザチップスに強めのフレーバーを付けたシリーズで、私はサワークリームオニオン味に普段からお世話になっているシ…

バレンタインデー?チョコレート贈答の現状について言いたい

チョコレートを、男性からあげたら女性の評価が爆上がりするのでは? 急にこのタイミングで頭に浮かんだことを整理します。 尚、当方の属性は40代・女性・独身です。 ここに書くことは他人の事情の勝手な想像です。 また、この記事で「男は」「女は」といった大…

小田原の一夜城に行ったらスイーツもりもり食べた

小田原から車で箱根を越えようとすると、不意にスイーツの看板が見えることがありました。 ん?一夜城で?パティシエ? 気になっていた場所についに行くことができました。 そこは楽園のような史跡のような、というか実際城跡と店の敷地が隣合っている不思議…

牧場でバターを作ってみた

これまでで一番美味しいバターを食べました。 ほどよく冷やした容器に生クリームを入れて振ること15分、それだけで無塩バターができてしまうのですね。 自宅でやると温度管理や降る加減などが難しいのですが、牧場のバター作り体験なら、お姉さんがタイミン…

城址公園だけではなかった、癒やしの小田原散歩

小田原近辺の歴史は未勉強なので、お散歩メインの記事となります。 小田原と言えばすぐにお城のイメージが浮かび、これまで箱根などへ行くときに時間があれば、小田原城址公園に立ち寄って「小田原に寄った」ということにしていました。 しかしこのたび、お城…

年を越せないってどういうこと?笠地蔵から考えた

幼い頃に絵本で読んだ「笠地蔵」に、 「おじいさんとおばあさんは笠が売れないと年を越せません」 と書いてありました。 年を越せないとはどういうことだろう? 幼い私はなんとなく、大人の言葉でいうと「世間一般の人が正月を迎えるために必要な飾りや食材…

松平好きのテーマパーク?岡崎市を歩いてきた

2018年の年の瀬、仕事の隙間で岡崎市を半日ならぬ4分の1日ほど散歩しました。 まずいきなり岡崎城を攻めます。 岡崎城は小ぶりな復元天守ですが、内側はコンクリート造りのミニ博物館のようで、お城の完全再現を目指していないところが潔かったです。 同じ岡…

欲望に身を任せた聖夜

変なタイトルですみません。 既にお気付きかもしれませんが、欲望とは生存に関するものです。 この日ばかりは開放しようではありませんか。 いきなりですが、厚切りベーコンにポテサラをサンドし、上にはチーズマヨソースという代物です。 サミットストアの…

京都府・南山城村の道の駅で茶に埋もれる

南山城村は、京都府で唯一の村なのだそうです。 宇治からさらに南、奈良に隣接する木津川市から、東へ木津川を遡ると、鎌倉幕府に追われた後醍醐天皇が京都を脱出し一時的にお住まいになった笠置町があります。 現在は人口約1,300人の小さな町ですが、笠置駅…

京都の難民

私が持っている京都の街のイメージをお伝えします。 神社仏閣は特殊な領域であって、それ以外の、普通の人々が生活する街は、京都であってもごく普通というかむしろ、きれいではない。 それは別に京都の人々のセンスが無いからだなんて、滅相もございません…

ハーフバイキング形式のススメ 京都府亀岡市の宿にて

なるほど今まで考えつかなかったけれど、出現すると嬉しいものってありますね。 ハーフバイキングがそれでした。 すなわち、半分コースであと半分は好きなものを取ってきて好きなだけ食べられるものです。 今回は、京都府亀岡市にある 里山の休日 烟河(けぶ…

中国製の食べるラー油「老干媽」シリーズを食べてみた

中国から来た「食べるラー油」、けっこうイケます。 きっかけは知人からのいただきものでしたが、美味しかったので横浜中華街へ行った際に探したところ、食料品店にはたいがい置いてあり、シリーズ製品が複数並んでいてテンションが上がりました。 今回は、…

岡山県高梁(たかはし)市の印象と、岡山県

予想よりも大きな街でした。 しかし正直、過去に栄えた感が濃かったです。 平日の午前中のアーケードは、スピーカーから流れてくるFM放送の現代風なロックナンバーだけが響いていました。 平日の日中、お年寄は小型車で移動するようです。 元城下町のため道…

備中松山城の麓の頼久寺の文化そして「ゆべし」

備中松山城の城下町である岡山県高梁市を歩いていたら、なかなか立派なお寺がありました。 なになに、足利尊氏が諸国に建てた安国寺の一つ。 足利尊氏・直義兄弟は、鎌倉幕府滅亡や建武の新政、南北著の争乱などで亡くなった人々を弔うために、全国に六十あ…

急に備中松山城

仕事で急に、お客様からクレームが来たのです。 ええ、クレームはいつも突然にですけど。 「お客様がお問い合わせの弊社担当は先日退職いたしました。現在の担当は長期休暇中です。」 ってことで、私が現地に行くことになったYO. 行ったこともない場所で扱っ…

オネアミスの翼の異世界感から八王子駅前の斜めストリートを見た

2018年10月20日(土)横浜から横浜線に乗って八王子に行ってきました。 何しにかというと、美術館に「オネアミスの翼展」を観に行ったからなのですが、このブログで報告するべきは食べ物です。 JR八王子駅からちょうど美術館の方向へ斜めに延びる遊歩道ストリ…

日曜午後3時の横浜中華街

横浜中華街、9月と10月の3連休は混んでいたことと思いますが、それが終わった普通の週末も結局ぼちぼち混んでいました。 特にメインストリートである中華街大通りは相変わらずの人混みです。 本日は、メインストリートから直角に入った市場通りにある永遠福…

鎌倉で鎌倉末期と南北朝~観応の擾乱の史跡を訪ねる 4 (完)

2018年10月6日の鎌倉散歩、第4回にして結びとなります。 急に4回シリーズになってどうもすみません。 前回の記事はこちら↓ baroclinic.hatenablog.com 今回もこの時代の概要みたいなのを載せておきます。 鎌倉幕府末期: 後醍醐天皇と足利尊氏などが、鎌倉幕…

鎌倉で鎌倉末期と南北朝~観応の擾乱の史跡を訪ねる 3

2018年10月6日の鎌倉散歩、前回で鎌倉幕府が滅び、今回はその後です。 baroclinic.hatenablog.com 今回もこの時代の概要みたいなのを載せておきます↓ 鎌倉幕府末期: 後醍醐天皇と足利尊氏などが、鎌倉幕府を倒す。 建武の新政: 後醍醐天皇が京都で新しい政治…