読むめし

口で咀嚼するたけでは足りず、観念でも食べ物を愛でようとする人間

鎌倉時代に裏切られて殺された人ランキング

相変わらず鎌倉時代の勉強をしております。ランキングなんて不謹慎かもしれませんが、多くの人が悲しい亡くなり方をしているようなので書いてみました。⚫️番外編源の一族・源義経: 間違いなく辛い裏切られ人トップでしょう。兄の頼朝に追われ、奥州で追い詰…

鎌倉を勉強中。お寺と花編

前回の記事では、御所の跡や木造建築についてつい考えこんでしまったので、今回はパッと、花の写真を載せておきます。ハギがもりもりしていました。宝戒寺は鎌倉で「萩の寺」と呼ばれていて、9月から10月が見頃なようです。お寺ができてから600年や700年が過…

鎌倉を勉強中。意外といろいろ残ってない編

鎌倉のことをあまりにも知らなくてヤバいと思いました。前々回の記事にも書いたのですが、・大仏があるお寺の名前を知らなかった。・観音様とは何かを外国人に説明できなかった。・鶴岡八幡宮と小町通りと、円覚寺と建長寺しか知らない。その成り立ちを知ら…

伊勢佐木町の果てに何があるのか

横浜の関内駅付近から一本道で伸びる歩行者天国、伊勢佐木町はけっこう長く続いています。そういえばどこまで続いているのか、確かめたことはありませんでした。だって奥へ進むにつれてあやしさの度合いが濃くなりますし。そこで今回は、道が続く限り進むこ…

映画『関ヶ原』2017、いまいちでした

最近このブログでは、日本史に関する言及が増えてきたかもしれません。日本史勉強中で、得られた知識を出力しておく目的があります。また、知識がなくてアホだった状態を保存しておきたいのもあります。このブログで2年ほど前にも書いたかもしれないのですが…

歴史オンチをさらす 鎌倉編

勤務先の仕事の関係でドイツ人が2人日本へ来て、週末をはさんで横浜に滞在するというので、鎌倉を案内することになりました。私は都合により、他の日本人2人がすでに案内しているところへ合流の形です。スマホのメッセージのやりとりで、だいたい何時頃にこ…

自宅リゾートとは。

自宅リゾートという言葉を聞いたことがありますか?それは、最近私の頭を往来している言葉ですが、なんとなく皆さまも分かるかと思います。(この記事は、1人でたのしくお酒を飲みながら書いております)リゾート地まで行く交通費と時間、そして宿泊費を省き、…

理想のお家を妄想する

家賃5万のアパートに暮らしており、ほとんど不満は無いのですが、ある日ふとモデルハウスの前を通ると、いろいろ妄想が膨らむ訳です。好きなデザインにしていいと言われたら、どんな家にするかを妄想のままに書き出しました。⚫️露天風呂屋上もしくは最上階に…

多摩川の河原で昼ビール、そんな夏の一日を

2017年7月8日(土)、夏の真っ昼間から河原でビールを美味しく飲む、 その目標を達成するため、目的地まで数km歩くコースを設定しました。 目的地は、JR南武線の稲田堤駅に近い多摩川の河原です。 ネットで知り合ったランナーのご婦人方がそこで渦巻いておりま…

吉野ヶ里。遺跡で公園で歩く歩く

佐賀県だったのですね。吉野ヶ里遺跡の名が全国に轟いたのは、1989年のことでした。有名になる前のこの場所は、1970年代: 農地や宅地を作ろうと土を掘ったら何か出た。1980年代: 工業団地を開発しようと調査したら、かなりいろいろ出てきた。という状況だっ…

長崎・平戸。玄関にして果ての街

長崎市を訪ねる人は多いけれど、平戸へ行く人はどれくらいいるのでしょう。で調べたところ、2015年の各自治体の統計は長崎市 669万人平戸市 178万人でした。うーん、4倍弱で、思ったより差はなかった。長崎から平戸までは 100kmあり、直接つなぐ鉄道はありま…

熊本。清正さまへの愛を街が叫んでいる。

はい、5月に熊本を訪ねました。お城へ行かねばなるまい。2016年の地震で大きく損壊した熊本城ですが、近付けば何かは見えるに違いないとアプローチします。たしかに壊れている。想像していたよりもあちこちが損傷し、ほとんど遠巻きにしか見ることができませ…

鹿児島、この星の活動の果てに

2017年5月に旅した九州シリーズです。今回は鹿児島のレポートです。いきなり桜島が噴火したようです。いやあ、灰が降ってるんだけど?鹿児島の人ってすごいね。こんなに灰が降る所で生活してるの?まさに桜島の縁を移動しているときに降ってきて、「なんじゃ…

焼酎。それは九州

お腹の風邪の回復状況を見守っていたら、また時が経ってしまいました。いよいよ梅雨に入って、夏を待つばかりとなって参りました。先月(2017年5月)のことになってしまいましてが、連休は主に九州を旅しておりました。自分にとっての新しい体験は、焼酎でした…

胃が弱ったときの食べ物センサーは胃です。

連休中に急に胃がやられました。嘔吐、発熱、リンパ節と関節の痛みがあり、原因は不明ですが、現在は段階的に回復しつつあります。ピークから少し回復したときに劇的に美味しかったのが、梅とろろ昆布うどんでした。<梅とろろ昆布うどん>白だしつゆに茹でた…

東京から横浜に引っ越して思ったこと

東京と横浜はほとんど同じ場所だと思っていたけれど、案外違うことに気がついてきたので書いてみます。<この記事のための簡単な履歴紹介>・様々な仕事へのアクセスが良いという理由から、品川区大崎に住んでいた。・大崎のアパートが立ち退きになり、目黒区…

『道路の日本史』が面白かった

今まで何となく、最初からそうなのだと深く考えていなかった「東海道」は、京都から見ると東にあって、海側のルートを通るから「東海道」なんですね。この本を読んで知りました。えっ皆さんご存知でした?東海道の対として、「東山道」があったのです。むし…

4月はじめの横浜の桜

今回の記事は主に記録用です。また1年後に「こんなだったなあ」と振り返れますように。さて先週、寒い寒いと言いながら散歩して回った横浜のレポートをブログに上げましたが、続報です。4月1日と2日の話です。4月1日まだ咲いてなかった。エイプリルフールか…

緊急特集 「一汁一汁でよいという提案」の衝撃

良い意味で衝撃でした。 和食の第一人者である土井善晴氏が、「がんばっておかず作る必要ないんちゃう」 というおっしゃっているのです。 ご参考まで、記事はこちら m.huffpost.com 出版された本はこちら (私はまだ読んでいません) 一汁一菜でよいという提案…

大岡川を野毛から弘明寺まで。桜を待ちわびて

東京で桜が咲かないなら、横浜でも咲かないのです。2017年3月25日(土)、横浜の桜の名所の一つである大岡川を散歩がてら見に行った結果を報告いたします。ほぼ蕾です。蕾99.5%でした。すなわち開花率0.5%、5厘咲きでございます。一方、地元の方々にはおなじみ…

横浜の坂たち

なんと2月に一度も更新しておりませんでした。というか、2ヶ月ほど記事を書いておりませんでした。その間、冬に撮りためた横浜の普通の住宅風景を公開いたします。もう春がほとんど来てしまいましたね。家の一つひとつにどんな人が住んでいて、窓からどうい…

今半のすき焼き弁当を頂いてしまったのよ

思いもかけない所からゴージャスなやつが舞い込んできました。 今半のすき焼き折詰弁当を、勤務先からいただきました。 偉い人を迎えての会議室ランチで、1名欠席が出たようでした。 別に私にくれた訳ではないのですが、周辺で 「食べ物ならねぎさんでしょ」…

江戸の食いしん坊日記

大晦日にふと手にした本を、寝転びながら読みました。 『幕末単身赴任 下級武士の食日記』 幕末単身赴任 下級武士の食日記 (生活人新書) 作者: 青木直己 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 2005/12 メディア: 新書 購入: 10人 クリック: 66回 この…

青い風 切って走れ 江ノ島へ

2014年1月1日は箱根駅伝コースを戸塚から小田原まで、 2015年1月1日は北関東で徳川家ゆかりの都市めぐりとして小山、結城、渡良瀬遊水池を経て古河、 と自分で企画して孤独なランを実行しました。 では今年はどうしようかと直前2日ぐらいで検討し、 年末年始…

2016年よ終わらないで

またずいぶん間が空いてしまい、なんと今日に至っては今年の最終日となりました。 あと30日くらい年末が続いて、ずっと冬休みだったらいいと思います。 30日あったら走って、自転車乗って、本読んで、食べて飲んで、ブログもたくさん更新するのにな! 妄想し…

修善寺日記 その2

11月の下旬に尋ねた修善寺その2です。今回で完結します。晴れた日は、さすが静岡、富士山が雲を引き連れて聳えていました。そんな自然の中、自転車に凝っている人(?)の間ではそこそこ有名らしい、修善寺サイクルスポーツセンターに行ってみました。屋内も屋…

修善寺で秋を食べるよ

初めて訪ねましたよ修善寺。山あいの川沿いで、時代に取り残されることもなく、変に商売っ気を出すこともなく、素で佇んでいる風でした。修善寺の街に着いて、ガイドブックも見ずに昼ごはんでふらりと入った小さなお店がとても良かったです。ふろふき大根ゆ…

多摩リバー100km、すみません自転車です

事情が重なり、自転車を購入しました。ガチではないけど、そこそこスポーティなやつです。さて、いきなり行って参りました、「たまリバー50km」略して「多摩サイ」?、略さないと「多摩川サイクリングロード」みたいなやつです。往復100kmになります。私は川…

新卒の女の子から来たメルマガ

就職難と年代を照らし合わせると、私はかなり悲惨なほうです。学校を出たのは、氷河期の中でも谷底だった2000年の4月でした。いろいろ世の中の訳が分からなかったので就職せず日銭を稼いでいたりした末に、リーマンショックで派遣切りに遭いました。死ぬかと…

横須賀で軍艦に初めて乗る。

横須賀の街は、走ったり歩いたり、なんやかんやで結構訪れていたのですが、象徴的に海に浮かんでいる、あの軍艦に乗ったことはありませんでした。あの軍艦とは、京急横須賀中央駅を降りて数分、海の間際にある三笠公園です。三笠公園の海にたゆたっているの…